このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

ソニーの“スマホレンズカメラ”国内発売決定! 使い勝手をチェック!!

2013年09月12日 13時10分更新

文● 周防克弥

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
イメージ

 ソニーが「IFA2013」にて発表した、交換レンズのような形のスマホ向けデジタルカメラ「サイバーショット DSC-QX100」と「DSC-QX10」(詳しくはこちら)。今日12日に、その国内販売が決定し、発売日が発表された。

 ともに10月25日発売予定で、予想実売価格はQX100が5万5000円前後、QX10が2万5000円前後となっている。

 “祝国内販売決定!”ということで、インターナショナルモデルの試用機を細かくチェックしていく。なお、一部の動作など製品版とは異なる可能性もある。

デジカメというより
“スマホに付けるレンズ”

「DSC-QX100」(左)と「DSC-QX10」(右)
スマホに装着するためのアダプターが付属する
ともに側面にズームレバーとシャッターボタン、充電用のmicroUSB端子を搭載する
DSC-QX10はmicroSDカードスロットが電池室にある。QX100は側面だ

 DSC-QX100/QX10はともにモニターがなく、スマートフォンとの連携が前提のデジカメだ。これをデジカメと呼んでいいのか疑問もあるが、一応メディアスロットを有していて単体で撮影が可能ではある。

 単体撮影の場合、モニターを備えていないので画角や撮影後の確認はできない。また、本体で操作可能なのは電源のオン/オフとズーム操作、シャッター操作の3つなので、記録解像度やホワイトバランスなどの設定はできず、その辺はすべてスマホで行なうことになる。

 以前から“スマホに付けるレンズ”というような表現がされていたが、まさにそのとおり。スマホで高画質な写真を撮ることのできるアイテムだ。

 なお、スマホはAndroidだけでなくiPhoneにも対応している。

NFC対応のAndroidスマホとの接続は超簡単!

注意点はNFCの機能をオンにしておくこと。節電対策でオフにしていると機能しないので、動かない場合にはチェックしてみよう。なお、ビームのオン/オフは関係ない 注意点はNFCの機能をオンにしておくこと。節電対策でオフにしていると機能しないので、動かない場合にはチェックしてみよう。なお、ビームのオン/オフは関係ない

 スマホとの連携はWi-Fiを使用し、ダイレクトモードで接続する。

 NFC対応のスマホなら接続はとても簡単で、カメラとスマホを近づけるだけでカメラの電源に自動的に入り、アプリが起動する。専用アプリの「PlayMemories Mobile」が必要で、スマホにアプリが入っていない場合には「Google Play」につながり、PlayMemories Mobileのページが開く。そのままダウンロードして起動すればいい。



ソニーストア

前へ 1 2 3 4 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン