このページの本文へ

まるでスマホ用交換レンズ!? ソニーの筒形サイバーショット

2013年09月04日 23時45分更新

文● ASCII.jp編集部

奥が「DSC-QX100」で、手前が「DSC-QX10」
奥が「DSC-QX100」で、手前が「DSC-QX10」

 ソニーはドイツ・ベルリンで開幕した「IFA2013」にて、新機軸のコンパクトデジタルカメラ「サイバーショット DSC-QX100」と「DSC-QX10」を発表した。ワールドワイドでの発表で、国内でも販売も「前向きに検討中」とのことだが、時期や価格は未定だ。

両機種とも背面ディスプレーとストロボを搭載しないが、底面に三脚穴を装備するなど単体のデジカメとしての機能を持っている
両機種とも背面ディスプレーとストロボを搭載しないが、底面に三脚穴を装備するなど単体のデジカメとしての機能を持っている

 両機はデジタル一眼カメラの交換レンズのような形状をしているが、シャッターボタンやmicroSDカードスロットを搭載するれっきとしたデジタルカメラだ。

 デジカメには必ずあるべき背面ディスプレーが省かれているが、その代わりとなるのがスマートフォンやタブレットである。

 専用アプリケーションの「PlayMemories Mobile」を導入し、カメラと無線LAN接続することで、スマホからライブビューの確認とリモート撮影が可能。タッチAFやタッチ撮影はもちろん、撮影モードの切り替えやホワイトバランスの調整、カメラステータス(撮影可能枚数とバッテリー残量)の確認などが行なえる。なお、スマホとはWi-Fiダイレクト接続となる。

 本製品はNFCに対応しており、対応するスマホを近づけるだけで接続が完了し、撮影状態になる。なお、撮影した画像は2Mの画質にリサイズされてスマホに転送され、オリジナル画像はカメラのmicroSDカードに保存される。

同梱のアタッチメントを使用してスマホに装着した状態
同梱のアタッチメントを使用してスマホに装着した状態
装着方法は、アタッチメントの固定具を開き、上部の固定具を上に引き上げ、その間にスマホを挟むだけ

 どちらも“スマホ用の交換レンズ”的な使用イメージで、同梱するアタッチメントを装着することでスマホに装着可能。幅54~75mm、幅13mm以下のスマホを挟み込む形で固定できる。もちろん、アタッチメントを使用せず、スマホと離して操作することも可能だ。

Carl Zeissレンズ採用の高画質モデル「DSC-QX100」

DSC-QX100を手に持ったところ。結構大きめ 前面のレンズ周囲にコントロールリングを装備。上部にはNFC読み取り部がある
DSC-QX100を手に持ったところ。結構大きめ前面のレンズ周囲にコントロールリングを装備。上部にはNFC読み取り部がある
側面にはズームレバーとシャッターボタン、microUSB端子やmicroSDカードスロットを搭載する バッテリーは背面のカバーを外した中にある
側面にはズームレバーとシャッターボタン、microUSB端子やmicroSDカードスロットを搭載するバッテリーは背面のカバーを外した中にある

 DSC-QX100は「DSC-RX100II」と同等の撮像素子とレンズを装備。撮像素子は1型のExmor R CMOSセンサー(2020万画素)で、レンズは光学3.6倍(28-100mm、F1.8-F4.9)の「Carl Zeiss Vario-Sonnar T*」となる。

 また、本体前面にコントロールリングを装備しており、マニュアルフォーカスやズーム操作が快適に行なえる。

光学10倍の高倍率ズームモデル「DSC-QX10」

DSC-QX10の電源オフ状態(左)とレンズを最大まで伸ばした状態(右)
DSC-QX10はブラックカラーのほかにホワイトのモデルも用意。iPhoneとも違和感なく組み合わせられる 側面にズームレバーとシャッターボタン、microUSB端子を装備
DSC-QX10はブラックカラーのほかにホワイトのモデルも用意。iPhoneとも違和感なく組み合わせられる側面にズームレバーとシャッターボタン、microUSB端子を装備
QX100同様、背面に電池室があるが、ここにmicroSDカードスロットも搭載されている QX100同様、背面に電池室があるが、ここにmicroSDカードスロットも搭載されている

 DSC-QX10の撮像素子は1/2.3型のExmor R CMOSセンサー(1820万画素)で、レンズは光学10倍(25-250mm)の「ソニーGレンズ」を採用するなど、「DSC-WX200」と同等の基本スペックとなる。

 どちらも光学式の手ブレ補正機能を搭載し、動画撮影時にはより強力に手ブレを抑える「アクティブモード」が利用できる。また、どちらもセンサーは裏面照射型なので高感度撮影にも強い。

 ただし、DSC-RX100MIIやDSC-QX10の機能をそのまま踏襲しているわけではない。「ピクチャーエフェクト」などの特殊撮影機能が省かれているほか、動画撮影はMP4(1440×1080ドット)形式となりAVCHDでの記録は行なえないなど、一部機能が制限される。

 なお、Xperia Zに関しては、付属のアタッチメントを使用することなく直接装着できるアタッチメントスマホケースもオプションとして用意する。



ソニーストア

■関連サイト

カテゴリートップへ