このページの本文へ

COMPUTEX TAIPEI 2013レポート特集 ― 第8回

HaswellのNUCや、4K出力可能なノートを展示するインテルブース

2013年06月05日 01時00分更新

文● 伊藤 真広

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 いよいよ始まったCOMPUTEX TAIPEI。会場である南港展覧館に自作PCパーツメーカーが集結している。それらのメーカーの中でも、最大規模のブースを作っていたのが“Haswell”を発表したばかりのインテルだ。

南港展覧館の出展企業のなかでは最大サイズのブースとなっていたインテル。もちろん目玉はHaswellということで、各国のプレスやバイヤーたちが集まっていたUltrabook展示コーナーでは、ノートPCから、液晶をスライドさせたり、着脱できる“2in1”をキーワードに展示していた

 同社のブースではインテル製CPUやチップセットを搭載した各社のプロダクト製品が多数集結。それらのなかでも、眩しいほどの輝きを持っていたのが、Haswell対応の製品群たちだ。ここではインテルブースで発見したHaswell対応の製品のなかから、日本未発表の製品たちを紹介していこう。

Windows8を搭載したタブレットPCの数々も注目を集めていたモーションセンサーを使ったアプリケーションのデモンストレーションなども実施

詳細不明のHaswell搭載
Ultrabookたち

 インテルブースに展示されている数多くのUltrabookたち。その中には、東芝や富士通、パナソニックといった日本のメーカーロゴが入ったものもあり、それらの製品すべてがHaswellを搭載しているとのこと。

“Haswell”搭載のパナソニック「Let's note」。日本語キーボードを搭載していることから、日本で製造されているということだろうか?
富士通の“LIFEBOOK”シリーズ。こちらも日本語キーボードを搭載しており、日本での発売が期待される
東芝のdynabookシリーズ。ディスプレイが取り外し可能な2 in 1モデル。キーボードが英語なので、国内では発売されない可能性もある

 詳細なスペックなどは一切明かされていないが、かなり綺麗で高精細な画面の製品や、先日Haswell未搭載として発表された製品と同じ形をしているものなど、気になる製品が多数展示されていた。1つ1つ暴いていきたいと思って、いろいろと触ってみたのだがキーボードとタッチパッドはロックされ、製品を持ち上げたりすることは禁止されていた。

Haswell搭載NUCは
第3四半期に299ドル前後で発売予定!

 昨年のインテルブースで注目を集めたNUCにも“Haswell”搭載モデルの登場が決定している。Core i5-4250Uを搭載する「D5450WYB」を使用したモデルは、4GBのメモリーと64GBのSSDを搭載し、ケースも付属して第3四半期に299ドルで発売予定だ。

“Haswell”搭載のNUCベアボーンが登場する予定

 この「D5450WYB」は、メモリーを2枚搭載可能で、搭載可能最大容量は16GBとなっている。映像出力は、miniHDMIとminiDisplayPortを1基ずつ搭載しており、グラフィックチップには、「Intel HD 5000 Graphics」を採用している。

日本での展開は未定だが、グラフィックも強化されており、期待値は高い!

 また、CPUをCore i3-4010Uにしたモデルの発売も、同じく第3四半期に予定している。こちらの価格は未定だ。

Ultrabookリファレンスモデルは
4K出力可能!?

 Ultrabookとまったく関係ない展示コーナーに、メーカー名も型番も書かれていない、天板にUltrabookのロゴが輝くPCが用意されていた。

4K画像を出力しているのは、インテルのロゴがヒンジ部分で燦然と輝く謎のUltrabook

 ブースのスタッフにスペックを聞いてみると、この謎のUltrabookにも“Haswell”が搭載されているとのことだ。詳細なスペックや製造メーカーは不明だが、CPUは「Core i5-4350U」を搭載しているという。

天板には、“Ultrabook”と“intel”ロゴが入る特別仕様。CPUは「Core i5-4350U」が搭載されている

 また、ゲーム体験ブースでは、「Core i7-4960HQ」を搭載するノートPCも展示されていた。こちらのノートPCには“vcsd1 Letni789”という型番が振られていた。

ゲーミングノートブックの体験コーナーで使用されていたノートPCは、「Core i7-4960HQ」を搭載。かなりのハイスペックモデルと予想される

【関連サイト】

カテゴリートップへ

この特集の記事

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

デル株式会社