このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

上下がない!? 構え方が謎なデジカメ「PowerShot N」フォトレポ

2013年02月13日 12時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
手のひらサイズの「PowerShot N」。本体サイズは幅78.6×奥行29.3×高さ60.2mm、重量は約195g(メモリー、バッテリー込み)
手のひらサイズの「PowerShot N」。本体サイズは幅78.6×奥行29.3×高さ60.2mm、重量は約195g(メモリー、バッテリー込み)

 キヤノンが4月に発売を予定しているコンパクトデジカメ「PowerShot N」(予価2万9980円)。直販のみの販売で、その扱いも“コンセプトモデル”としてほかのデジカメから切り離されているなど、同社としては異色の製品だ。

本体付属品 左に加えてカバーとストラップが付属する
本体付属品左に加えてカバーとストラップが付属する
ブラック、アクアブルー、マルチボーダー、サクラパールの4種類を用意
上記に加えてレザーストラップ付属モデルも用意(価格は3万2980円)
上記に加えてレザーストラップ付属モデルも数量限定で発売する(価格は3万2980円)

 そのコンパクトさはもちろんだが「あるべきところにシャッターボタンがない」「シャッターを1回押したら不思議な写真が6枚撮れる」など、摩訶不思議な機種でもある。

 そんなPowerShot Nの試作機が届いたので外観などを写真で紹介する。

シャッターの切り方がわからない!?

上部にシャッターボタンがない。まずは「どうやって撮るんだ!?」と戸惑うのが普通の反応 レンズ周囲に2重のリングを装備。写真手前のリングがズームリング。奥のリングがシャッターボタン(リング)となる
上部にシャッターボタンがない。まずは「どうやって撮るんだ!?」と戸惑うのが普通の反応レンズ周囲に2重のリングを装備。写真手前のリングがズームリング。奥のリングがシャッターボタン(リング)となる

上とか下とかの概念がない!

背面には2.8型(約46.1万画素)のタッチディスプレーを装備。タッチでシャッターを切れる 上方向に90度チルトする
背面には2.8型(約46.1万画素)のタッチディスプレーを装備。タッチでシャッターを切れる上方向に90度チルトする
シャッターリングを上方または下方から押し込むことでシャッターが切れる
つまり、撮影時においては上下の概念がないため、逆さまにすれば液晶は下にチルトする、ということになる。もちろん逆さにすれば画面内表示もそれに追従する
つまり、撮影時においては上下の概念がないため、逆さまにすれば液晶は下にチルトする、ということになる。もちろん逆さにすれば画面内表示もそれに追従する

前へ 1 2 3 次へ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART