このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

荻窪圭の“這いつくばって猫に近づけ” ― 第303回

OM-D&PowerShot Nで撮る春の岳南電車猫

2013年05月10日 12時00分更新

文● 荻窪圭/猫写真家

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
駅前で見つけた黒猫。塀の上にいてくれたので、無理矢理駅舎を背景に撮ってみた。旅先で猫に出会ったら背景込みで撮ってみたい(2013年5月 オリンパス OM-D E-M5)
駅前で見つけた黒猫。塀の上にいてくれたので、無理矢理駅舎を背景に撮ってみた。旅先で猫に出会ったら背景込みで撮ってみたい(2013年5月 オリンパス OM-D E-M5)

 静岡県富士市の田子の浦あたり。JR東海道本線吉原駅から伸びてる10km弱の「岳南電車」という短い路線がある。

 もともと貨物用として作られた路線で工場街を走っているのだが、2012年に貨物路線が廃止となり、今は旅客のみ。いわゆる赤字ローカル線だ。

 こういうローカル線って風情があってのんびりしてて楽しいので、遠出した先にそういう電車があるとつい乗っちゃうわけで、GWの真っただ中、田子の浦でしらす丼を食べたついでに1日フリー切符を買い、特に目的も無いのでとりあえず終点でも行くか、と最後まで乗ったのである。

 休日の客は鉄道好きが多いのか、我々のように終点まで行って、その辺をぶらぶらしてまた折り返すような人もちらほら。電車は30分に1本なので、近所をぶらぶらして次の電車に乗るっていう感じがちょうどいい。

 で、終点でブラブラしてると、黒猫発見。

 おお、旅先猫にやっと会えた。実はなかなか猫に出会えなくてちょっと寂しかったのだ。

 旅先で猫を撮るなら、背景が大事。

 この黒猫、はじめは門柱で昼寝してたのだけど、背景に駅を入れたいなと思って撮りやすい場所に誘ってみたら、出てきてくれたのだ。ありがとう。さすが飼い猫。

 そして撮ったのが冒頭写真。後ろにモヤっと写っているのが駅舎。自販機がぽつんとあるだけのシンプルな駅で改札口もなし。切符は乗り降りするとき運転手さんがチェックするのだ。

 そして門柱からこっちに一歩踏み出してくれたときの写真がこちら。

誘ってみたら、門柱から一歩踏み出してくれた黒猫。ありがたや。駅舎はこの写真の右手の方にあるので、もうちょっとこちらへ来てもらえるとうれしいのだ。で撮れたのが冒頭の写真である(2013年5月 オリンパス OM-D E-M5)
誘ってみたら、門柱から一歩踏み出してくれた黒猫。ありがたや。駅舎はこの写真の右手の方にあるので、もうちょっとこちらへ来てもらえるとうれしいのだ。で撮れたのが冒頭の写真である(2013年5月 オリンパス OM-D E-M5)

 この猫は怒っているわけではなくて、単に「にゃあ」といってくれただけであります。飼い猫らしく毛並みもよくてきれい。

 で、せっかくだからこの沿線にどこか面白いところはないかなとiPhoneでググってみると、なんと猫のいる駅があるらしい。それはすばらしい。

 これは行ってみなければと、次の電車に乗り、その駅で降りてみる。1日乗車券を買ってるとこういうときさっと動けてありがたい。

 1匹見つけちゃうとついつい他にも猫いないかなと思っちゃうのは猫好きのサガですな。

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART