このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

キヤノンから超小型の「PowerShot N」などコンデジ6機種登場

2013年01月29日 14時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「PowerShot N」の撮影スタイルの一例
「PowerShot N」の撮影スタイルの一例

 キヤノンから、コンパクトデジタルカメラ6機種が発表された。その目玉は超小型サイズの「PowerShot N」だ。

本体を逆さまにしても違和感なく撮れる
新発想のデジカメ「PowerShot N」

PowerShot N。本体カラーはホワイトのみ 背面にはチルト液晶を搭載。タッチパネルだ
PowerShot N。本体カラーはホワイトのみ背面にはチルト液晶を搭載。タッチパネルだ

 4月下旬から同社のオンラインショップ限定(2万9980円)で発売される本機は、背面に2.8型(約46.1万画素)のチルト式液晶タッチパネルを搭載。上方向に約90度まで回転でき、低い位置から撮影でも液晶画面が確認しやすい。

レンズ周囲にリング状のシャッターを配置。下から、もしくは上から押し込むことで写真が撮れる
本体を逆さまに構えることでこのように真上からの写真も撮れる 本体を逆さまに構えることでこのように真上からの写真も撮れる

 それだけであれば珍しくはないが、本機の最大の特徴は上下逆さまに構えて撮っても操作性に違いがない点。本体上部にシャッターボタンなく、代わりにレンズ周囲に配置されたリングがシャッターボタンとなっている。このリングを上からまたは下から押し込むことでシャッターが切れるので、逆さまにしても違和感がない。

 逆さまにすることでチルト液晶が下方向に向くため、カメラを頭より上に構えて撮る場合に液晶画面を確認しやすくなる。

本体側面にはスマホ接続ボタンを搭載 本体右上にある丸い穴が内蔵フラッシュ
本体側面にはスマホ接続ボタンを搭載本体右上にある丸い穴が内蔵フラッシュ

 また、本機はスマートフォンとの親和性が高いのも特徴。無線LANを搭載しており、スマホやPC、プリンターなどに画像を転送できるが、スマホに関しては専用のボタンを搭載。一度接続したことのあるスマホに対しては、このボタンを押してスマホ側で専用アプリを立ち上げるだけで接続が完了する。スマホ経由で写真をSNSなどのアップロードすることも可能だ。

クリエイティビティの高い写真が自動で撮れる

 撮影機能では、オート撮影モードの「こだわりAUTO」やシーンモードなどが使えるほか、「クリエイティブショット」と呼ばれる新機能も搭載。1回のシャッターでさまざまな効果をかけた5枚の写真を自動で生成する。

 ただやみくもに効果をかけるのではなく、撮影した画像を解析し、画像に対して適切に構図の切り出しや回転処理を施し、さらに画像に合わせてカラーフィルターや特殊フィルター(シェーディング、ぼかし)をかける。これにより、シャッターを押すだけでクリエイティビティーの高い画像が得られる。

 このほか、シャッターを押した際に、静止画と同時にその前の4秒間の動画も同時に記録する「プラスムービーオート」も新たに搭載。旅行などでこの機能を利用すれば、シャッターを押すたびに動画も記録され、その動画をまとめれば旅行の記録ムービーの作成も簡単にできる。

 撮像素子は約1210万画素のCMOSセンサーで、光学ズームは8倍。記録媒体はmicroSDカードとなる。

本体付属品 左に加えてカバーとストラップが付属する
本体付属品左に加えてカバーとストラップが付属する
ブラック、アクアブルー、マルチボーダー、サクラパールの4種類を用意
上記に加えてレザーストラップ付属モデルも用意(価格は3万2980円)
上記に加えてレザーストラップ付属モデルも数量限定で発売する(価格は3万2980円)

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART