このページの本文へ

クラウド基盤にはニフティクラウドを利用

富士通マーケティング、中堅向けクラウド「AZCLOUD IaaS」

2012年07月19日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 7月18日、富士通マーケティングは中堅市場に特化したクラウド基盤サービス「AZCLOUD IaaS(アズクラウド イアース)」を8月より提供開始すると発表した。

回線やサポートサービスもセットになった富士通マーケティングのIaaSサービス「AZCLOUD IaaS」

 「AZCLOUD IaaS」は、基幹業務システム向けに、初期環境構築サービスや閉域VPN環境、さらに運用サポートもセット化して提供する仮想プライベートクラウド。同じく富士通グループであるニフティが提供するクラウド基盤を採用しており、安心・安全かつ柔軟なクラウド環境を必要な時に必要な分だけ低価格で利用できるとしている。

様々なサービスを用意する

 また、既存システムのクラウド環境への移行、業務アプリケーション「GLOVIA smart(グロービア スマート)」シリーズなどを組み合わせた最適なシステムを提供することで、中堅中小企業のお客様の経営をサポートしていくという。

 料金体系は月額定額制で、初期費用29万1000円から、月額費用8万2000円からとなっている。

サービス内容および販売価格

カテゴリートップへ

ASCII.jp特設サイト

クラウド連載/すっきりわかった仮想化技術

ピックアップ