このページの本文へ

GALAXY NoteにもAndroid 4.0 Xperia acro/rayは無念……

2012年07月02日 21時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 NTTドコモは、3月26日に公表したAndroid 4.0(コードネーム:Ice Cream Sandwitch)へのアップデートを予定している端末リストを更新した(関連記事)。

 今回追加されたのは以下の3機種。

●docomo with series
Disney Mobile on docomo F-08D
Disney Mobile on docomo P-05D

●docomo NEXT series
GALAXY Note SC-05D

 いずれも8月以降、バージョンアップ用ファイルが順次提供される。

 一方、3月の時点では“検討中”とされていた、「Xperia arc SO-01C」「Xperia acro SO-02C」「Xperia ray SO-03C」「Xperia PLAY SO-01D」に加えて、「F-12C」の5機種については、Android 4.0へのアップデートは提供されないことになった。その理由として、メモリー不足が挙げられており、「(Android 4.0では)十分な性能が確保できない可能性があるため」と説明されている。

 なお、3月の時点で、Android 4.0へのアップデートが表明されていた端末は以下のとおり。

●docomo with series
REGZA Phone T-01D
・AQUOS PHONE SH-01D
・LUMIX Phone P-02D
PRADA phone by LG L-02D
MEDIAS ES N-05D
Xperia acro HD SO-03D

●docomo NEXT series
GALAXY S II SC-02C
GALAXY S II LTE SC-03D
Optimus LTE L-01D
ARROWS X LTE F-05D
・MEDIAS LTE N-04D
Xperia NX SO-02D
・P-04D
AQUOS PHONE SH-06D/SH-06D NERV

●ドコモ タブレット
GALAXY Tab 10.1 LTE SC-01D
ARROWS Tab LTE F-01D
GALAXY Tab 7.0 Plus SC-02D
MEDIAS TAB N-06D


Xperia rayは海外モデルではAndroid 4.0へのアップデートが提供されているが、レスポンス的には不満の声も。なかなか難しいところである。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART