このページの本文へ

テレビにブスッと! アダプター型の超小型Android端末登場

2012年06月28日 11時30分更新

文● 絵踏 一

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 HDMI端子を装備した小型のAndroid端末「Androidスティック with DUALCORE」(型番:ANDHDM2S)がサンコーレアモノショップ秋葉原総本店で販売中だ。

手のひらサイズの「Androidスティック with DUALCORE」。アダプターのようにしか見えないが、これでもれっきとしたAndroid端末だ

 本機は手のひらに収まる超小型デザインで、重さもわずか39gというAndroid端末。側面にHDMI端子を搭載し、直接テレビやプロジェクターなどの映像機器に接続するというユニークな使い方が特徴だ。小振りながらAタイプのホスト機能付きUSB端子を備えるため、マウスやキーボードなど入力機器も接続できる。

 CPUはデュアルコア動作のCortex-A9 1GHzで、メインメモリーは512MB。ストレージ容量は4GBで、外部ストレージに最大32GBのmicroSDHCカードが使用できる。もちろん、無線LANも内蔵し、このサイズにも関わらずAndroid端末として必要な機能はすべて備わっているといっていいだろう。あちこちに持ち歩けるフットワークの軽さを生かして、外出先でのプレゼンなど、臨機応変な使い方が期待できそうだ。

先端のHDMI端子を映像機器に直接接続するというユニークな小型端末。反対側には平型のUSB端子を備え、入力機器やUSBメモリーなどを使用できる
こちらはキャップを装着した姿。側面にはmicroSDカードスロットを搭載し、ストレージ容量も心配ない。ちなみにショップによれば「内蔵ストレージの初期化は厳禁」とのこと

 本体サイズは幅98×奥行き42×高さ10mmで、搭載OSはAndroid2.3。本体のほか、USB-AC給電器(ケーブル付)、HDMIケーブル、日本語マニュアルが付属する。サンコーレアモノショップ秋葉原総本店にて9980円で販売中だ。

カテゴリートップへ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART