このページの本文へ

テレビに直差の小型Android端末が高機能&低価格に!

2012年09月01日 11時30分更新

文● 絵踏 一

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 サンコーが販売するスティックタイプの小型Android端末新モデル「Android Stick 4 SmartTV」(型番:ANDHDM40)の店頭販売がサンコーレアモノショップ秋葉原総本店で始まっている。

サンコーの手のひらサイズAndroid端末にAndroid 4.0を搭載する後継機「Android Stick 4 SmartTV」が登場。当面は前モデルと併売になるようだ
同店2FではHDMI端子搭載の7型ディスプレーに接続し、展示デモを行なっている。スペックが向上し、動作は快適さを増しているとのこと

 アキバでも最近発売が相次いでいるスティックタイプのAndroid端末の“元祖”といえば「Androidスティック with DUALCORE」だが、本製品はその後継モデル。搭載OSがAndroid 4.0にアップグレードしているほか、基本スペックも向上。それでいて前モデルより安価というお得なアイテムだ。

外観は前モデルとイラスト以外の違いはない。使い方も同様、先端のHDMI端子をディスプレーに直結するお手軽仕様だ

 フレームにドロイド君のイラストが入った以外に外見上の違いはなく、microSDカードスロットやUSBポートのレイアウトもそのまま。ただし、スペックには若干の変更があり、CPUはCortex-A8ベースの「Allwinner A10」(1.5GHz)、メモリーは1GB、4GBのストレージを搭載、無線LANに対応する。

 ちなみに前モデルはデュアルコアという触れ込みでの発売だったものの、今回は仕様書にもそのような記載はない。ただし、ショップによれば「前モデルより処理能力が向上している」とのことで、スペック面への不安はなさそうだ。

側面に充電用のminiUSB端子、入力デバイスやUSBハブを接続できるホスト対応のUSBポート(Aタイプ)を搭載。そのほか、microSDカードスロット、マイク、マイク入力端子を搭載

 Android 4.0を搭載するスティックタイプのAndroid端末といえば、昨日非常に形の似ている「U2」をご紹介したばかり。ただしAndroid Stick 4 SmartTVは日本語のマニュアルが付属するほか、半年間のショップ保証があるという違いがあり、その点は頼もしいといえる。

 本体サイズは幅98×奥行き42×高さ13mmで、重量は40g。価格は8980円。サンコーレアモノショップ秋葉原総本店2Fでは本製品の展示デモも行なわれているため、興味のある人は店頭に足を運んでみよう。

カテゴリートップへ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART