このページの本文へ

USBメモリーに見えるAndroid端末がまたまた登場

2012年07月27日 11時30分更新

文● 絵踏 一

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 スティックタイプのAndroid端末の新モデル「C77 Smart Android 4.0」が三月兎2号店、SOUTHTOWN437で販売中だ。価格は両店ともに6980円。

手のひらサイズのAndroid端末に新型登場。さらに小型化し、USBメモリーだと言われたら信じてしまいそうなレベルに

 この製品は、先端のHDMI端子をテレビやディスプレーに直挿しして使用する、USBメモリーのようなAndroid端末。最近アキバで増えつつあるスティック型Android端末のラインナップに加わる存在で、同様のモデルとしては以前お伝えした「Androidスティック with DUALCORE」や「Thumb Drive Android 4.0」が挙げられる。

タブレット端末のパッケージを流用しているらしく、箱を開けると中はガラガラ。本体は先端にHDMI端子を搭載する“直挿し”タイプのモデルだ

 サイズはこれまで登場したモデルの中では最小で、より携帯性が増している。CPUはCoratex-A5ベースの1GHz、メモリーは512MBで、内蔵ストレージは8GB。IEEE 802.11b/g/nの無線LANに対応するほか、ホスト対応のUSBポートを搭載する。残念ながらmicroSDスロットなどは非搭載のため、外部ストレージを使用する際にはUSB接続のカードリーダーが必要になる。

 搭載OSはAndroid 4.0で、日本語に対応。バッテリーは内蔵せず、USB給電によるバスパワーで駆動する。

マウスやキーボード、USBメモリーが使えるホスト対応のUSBポートを搭載。側面には給電用のminiUSBポートと、使い道が分からないという謎のFnボタンが並んでいる

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

Windows 10&パソコン自作でゲーム三昧

スマホやタブレットからはniconicoアプリをダウンロードのうえ、こちらからご覧ください
ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART