このページの本文へ

2万円以下で買える!! iPad激似のAndroid 4.0タブレット

2012年06月09日 11時30分更新

文● 絵踏 一

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 さまざまなインスパイア系(?)製品を世に送り出していることでも有名なイオシスより、iPad似なオリジナルAndroidタブレットの新モデル「ioPad6L」が発売された。販売しているのはイオシス アキバ中央通店をはじめとするイオシス各店で、価格は1万8500円と“けっこう”安い。

9.7型サイズに大型化し、いよいよ“本家”じみてきた新型ioPad「ioPad6L」。イオシス的に表現すれば、“けっこう似てる”とでもいったところだろうか
画面表示はなかなかキレイ。ボディーには手触りのよいアルミ素材が採用されたほか、新たに背面カメラも実装された

 今度のモデルは名実ともにiPadと同じ9.7型液晶(1024×768ドット)を採用し、その再現度の高さは目を見張るものがある。ただし、似ているのは外見だけで(それだけですでに問題ではあるが)、中身はれっきとしたAndroid 4.0.3を搭載するタブレットだ。

初代iPadと並べてみる。多少ボディの色味が違うくらいで、逆にソックリ具合が際立ってしまった。ちなみに厚みは新型ioPadの方が薄い

 本体サイズは幅189.8×奥行き242.9×高さ9mmで、ちょうど初代iPadを薄くしたくらいの大きさだ。スペックはCPUがCoretex-A8ベースの「Rk2918 1GHz」、メインメモリーはDDR3 1GHzで、8GBのストレージ用メモリーを搭載。いわゆる“中華タブレット”としては一般的なレベルだ。しかし、その本懐は2万円を切る価格で“iPad的な何か”を買えるという、いわばネタ的な部分にあるとも言える。

 店頭で実際に操作したところ、動作はスムーズでなかなか好印象。画面表示もキレイなもので、ショップスタッフいわく「高精細なIPS液晶を採用している」とのこと。店頭のPOPやウェブ表記ではTFT液晶としか記載されていないが、ウェブサイト上の製品紹介動画では同社CEOの中本氏よりIPS液晶を採用している旨が解説されている。

側面には電源ボタンや音量調節ボタンのほか、「HOMEボタン」を備える。各種インターフェイスも過不足なく搭載し、使い勝手は悪くない
デザインといいロゴの配置といい、ツッコミどころは満載。従来のioPadと比較すると、大きさだけでなく素材感も向上しているのがよく分かる

 そのほか、IEEE802.11 b/g/nの各種無線LANへ対応し、最大32GBまでのmicroSDカードをサポートする。重量は約675gだ。色々と謎の多い製品かもしれないが、その前のめりな遊び心は評価したいところ。“iPad的な何か”で遊んでみたい人や、あえてiPadと並べて使ってみたいという猛者は、まず動作チェックに店頭に足を運んでみてはいかがだろうか。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART