このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

いま旬のビジネスPC ― 第33回

最新vProで手軽なリモート管理を実現!

デルの「OptiPlex 990」を試す

2011年06月21日 09時00分更新

文● 花茂未来/インサイトイメージ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 デルが発売するOptiPlex 990は、ビジネス向けデスクトップPCのハイエンドマシンに位置する製品である。最新製品では筐体の作りはほぼ前モデルを踏襲するものの、プラットフォームにSandyBridgeを採用したほか、最新のvProに対応し、手軽にリモートKVMを実現できるなど、内部を刷新している。

「OptiPlex 990」

 本製品はBTOに対応している。筐体は体積の大きい順にミニタワー、デスクトップ、スモールフォームファクタ、ウルトラスモールフォームファクタの4サイズがあり、設置スペースに合わせて選択できる。

 CPUの選択肢は下記の通り。なお、Core i5-2400、Core i5-2500、Core i7-2600はCPUの構造や値段は全く同じだが、vPro対応かどうかで選択するメニューが異なるので注意したい。

  • Core i3-2100(3.10GHz) 2コア
  • Core i3-2120(3.30GHz) 2コア
  • Core i5-2400(3.10GHz) 4コア
  • Core i5-2400(3.10GHz) 4コア vPro対応
  • Core i5-2500(3.30GHz) 4コア
  • Core i5-2500(3.30GHz) 4コア vPro対応
  • Core i7-2600(3.40GHz) 4コア(仮想8コア)
  • Core i7-2600(3.40GHz) 4コア(仮想8コア) vPro対応

 そのほか、メモリーは2GB/4GB/8GB/16GBから選択できるほか、HDDのRAID構成や増設、グラフィックスカードやワイヤレスLANカードなどといった拡張カードの追加にも対応している。OSはWindows 7 Professionalと同Ultimateの32bit版/64bit版に加え、日本語版/英語版を選択可能だ。Windows Vistaも用意している。

本体サイズは幅6.5×高さ23.7×奥行き24.0cm。フットプリントが小さく、机の上でも設置性がいい

 基本スペックは、ミニタワーの場合、CPUにCore i3-2100(3.10GHz)、2GBのDDR3メモリー、250GBのHDD(7200rpm)、DVD-ROMドライブなど。OSはWindows 7 Professional 32bit版をプリインストールする。3年間翌営業日対応オンサイト保守サービスが付属し、直販価格は7万2980円(執筆時点、以下同)。

 ウルトラスモールフォームファクタの基本スペックは、上記ミニタワー型と同じで、直販価格は7万4980円となる。ただし、ウルトラスモールフォームファクタでは、HDDのRAID構成のほか、セカンダリHDDや拡張カードの追加は非対応である。またメモリー増設は8GBまで、CPUもCore i5以上は型番の末尾に「S」がつく低電圧版となるため、下記一覧のように動作周波数は低くなる。

  • Core i5-2400S(2.50GHz) 4コア
  • Core i5-2400S(2.50GHz) 4コア vPro対応
  • Core i5-2500S(2.70GHz) 4コア
  • Core i5-2500S(2.70GHz) 4コア vPro対応
  • Core i7-2600S(2.80GHz) 4コア(仮想8コア)
  • Core i7-2600S(2.80GHz) 4コア(仮想8コア) vPro対応

 今回は評価機としてウルトラスモールフォームファクタのOptiPlex 990を用意した。スペックはCPUにCore i7-2600S(2.8GHz)、4GBのDDR3メモリー、250GBのHDDなど。OSはWindows 7 Professionalの32bit版を搭載する。直販価格は11万4670円の構成である。

前へ 1 2 3 4 次へ

この連載の記事

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ