このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

いま旬のビジネスPC 第37回

幅広い選択肢を持つ、東京生産モデル

高質感・高拡張性のプロ仕様、「HP ProBook 6560b」

2011年11月29日 09時00分更新

文● 石井英男

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

高級感と堅牢性の優れたボディ

 日本HPの「HP ProBook 6560b」は、15.6型液晶を搭載した法人向けノートPCである。ボディには、金属が贅沢に使われており、高い質感と堅牢性を実現。天板やタッチパッドなどに、従来の塗装の数倍の耐久性のある特殊コーティング「HP DuraFinish」を採用し、傷がつきにくいことも魅力だ。本体のサイズは幅374×奥行き250×高さ34.3~37.5mmで、重量は最軽量構成で約2.62kgである。

HP ProBook 6560bの上面。グレーのビードブラストアルミニウムを採用

 HP ProBook 6560bは、基本性能が高く、BTOの選択肢が充実していることが魅力だ。

 試用機にはCPUとして、Core i5-2540M(2.6GHz)が搭載されていたが、その他に、Celeron B810(1.6GHz)、Core i3-2130M(2.1GHz)、Core i5-2410M(2.3GHz)、Core i7-2620M(2.7GHz)の選択が可能であり、計5種類のCPUを搭載できる。

 また、試用機のメモリーは4GBであったが、SO-DIMMスロットを2基装備しており、最大8GBまで増設が可能だ。CPUには、グラフィックス機能が搭載されているが、単体GPUの「Radeon HD 6470M」を搭載することも可能だ。一般的なビジネス用途ならCPU内蔵グラフィックス機能でも十分だが、より高い3D描画性能が必要になる場合は、単体GPUを選択すればよいだろう。今回の試用機には、Radeon HD 6470Mが搭載されていた。

着脱可能なアップグレードベイを採用

 ストレージは、320GB HDD/500GB HDD/128GB SSDから選択でき、HDDはどちらも高速な7200rpm HDDを採用している。試用機には250GB HDDが搭載されていたが、現在のBTOメニューには用意されていないので、注意してほしい。

 また、着脱可能なアップグレードベイを採用していることも特筆できる。アップグレードベイには、DVDスーパーマルチドライブやBD-ROMドライブ、DVD-ROMドライブを装着できるほか、セカンダリドライブとして500GB HDD(7200rpm)を選択することも可能だ。なお、今回の試用機のアップグレードベイにはドライブは装着されていなかった。

HP ProBook 6560bの底面。HP Easy Access Doorの採用により、リリースボタンを右側にスライドさせるだけで、カバーの取り外しが可能 底面のカバーを取り外したところ。取り付けも簡単だ
SO-DIMMスロットが2基用意されている。試用機のアップグレードベイにはドライブは装着されていない

 メンテナンス性が高いことも評価できる。ドライバーなどの工具を使わずに底面カバーを取り外せる「HP Easy Access Door」を採用しており、ストレージやメモリーなどの交換や増設も容易にできる。

前へ 1 2 3 4 次へ

この連載の記事