このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

最新パーツ性能チェック ― 第107回

Intel初のSATA3.0対応SSD「Intel SSD 510」の実力は?

2011年03月04日 00時00分更新

文● 池座 優里

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 昨年末以来、一気に選択肢の広がったSATA3.0(6Gbps)対応SSD。ようやくIntelからも同社初となるSATA3.0対応SSD「Intel SSD 510」シリーズが発売となった。現在でも人気の高い「X25-M」シリーズの後継モデルということで、SATA3.0(6Gbps)対応SSDの中でも本命視するユーザーも多いのではないだろうか。そこで今回は、同シリーズのもつパフォーマンスに迫っていきたい。

IntelのSATA3.0対応SSD「Intel SSD 510」シリーズ(写真左、中央)。一番右は既存モデルの「X25-M」

クライアント向け上位バージョンとなる
「Intel SSD 510」シリーズ

 Intelによれば、同社のSSDはハイエンドの“700シリーズ”、「Intel SSD 510」が属するクライアント向け上位モデルの“500シリーズ”、コストパフォーマンス重視の“300シリーズ”に分けられるとしている。
 今回チェックする「Intel SSD 510」は、クライアント向けながら上位モデルに位置する製品ということで、Intel製SSDとしては初めてSATA3.0(6Gbps)に対応。さらにシーケンシャル性能を重視したモデルとなる。容量は120GBと250GBの2モデルが用意され、最大転送速度は前者の120GBモデルでリード450MB/s、ライト210MB/s、250GBモデルでリード500MB/s、ライト315MB/sと、「X25-M」から大幅に向上している。
 一方ランダムアクセスは「X25-M」のリード35000IOPS、ライト6600~8600IOPSから、リード時20000IOPS、ライト時8000IOPSへとスペックダウンしており、注意が必要だ。

シャンパンゴールドのアルミ筐体を採用した「Intel SSD 510」シリーズ。容量120GBの「SSDSC2MH120A2C」と250GBの「SSDSC2MH250A2C」の2モデルが用意されている。ケースサイズは「X25-M」の約7mmから9.5mmへと厚みが増えており、プラスチックのスペーサーは装着していない
120GBモデルの「SSDSC2MH120A2C」。最大転送速度はリード450MB/s、ライト210MB/s
250GBモデルの「SSDSC2MH250A2C」。最大転送速度はリード500MB/s、ライト315MB/s

コントローラはMarvell製「88SS9174-BKK2」
NANDフラッシュはIntel製34nmプロセスを採用

 「Intel SSD 510」シリーズに搭載されるコントローラはPLEXTOR「PX-M2S」やCorsair「Performance 3」シリーズと同じ「88SS9174-BKK2」。とはいえ、MLC NANDフラッシュはIntel製の34nmプロセス品を採用。基板サイズも1.8インチから2.5インチサイズとなるなど、内部構造は大きく異なっている。また、キャッシュメモリとして128MBのHynix製DDR3メモリを搭載しているのが確認できた。

基板サイズは最近多い1.8インチではなく2.5インチサイズを採用
コントローラはMarvell製「88SS9174-BKK2」。キャッシュメモリはHynix製「H5TQ1G63BFR-H9C」で容量は128MB。MLC NANDフラッシュはIntel製のチップを片面8個、両面で16個搭載する
スペック表
GPU X25-M 160GB
(SSDSA2MH160G2C1)
D510 120GB
(SSDSC2MH120A2ES)
D510 250GB
(SSDSC2MH250A2ES)
容量 160GB 120GB 250GB
最大読み込み速度 250MB/sec 450MB/sec 500MB/sec
最大書き込み速度 70MB/sec 210MB/sec 315MB/sec
4Kランダムリード 35,000IOPS 20,000IOPS 20,000IOPS
4Kランダムライト 8,600IOPS 8,000IOPS 8,000IOPS
インターフェイス SATA2.0(3Gbps) SATA3.0(6Gbps) SATA3.0(6Gbps)
実売価格 3万4500円前後 2万6000円前後 5万5000円前後

(次ページへ続く)

前へ 1 2 3 4 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中