このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

爆速のSATA3.0対応SSDで、爆速マシンを自作しよう!!

2011年02月11日 12時00分更新

文● 富田 忠雄

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Crucial製「RealSSD」シリーズの独壇場だったSerial ATA 6Gbps対応SSDだが、昨年末にPLEXTOR製「PX-M2S」シリーズが発売。そして、今年の2月にはCorsair製の「Performance 3」シリーズと、次々と6Gbps対応SSDが登場している。
 後発となる「PX-M2S」と「Performance 3」シリーズは、共に「RealSSD」を大きく上回る性能になっており、最も高速な容量256GBモデルでは、最大読み込み速度が400MB/s超えと爆速だ。
 今回は、公称スペックでの最速の栄冠こそ、最新の「Performance 3」シリーズに譲ったが、複数のレビューで公称スペック以上の読み込み性能を発揮しているPLEXTOR製「PX-M2S」シリーズの全ラインナップの性能と、6Gbps対応SSDを搭載するオススメ自作構成を紹介していこう。

ラインナップは64GB「PX-64M2S」、128GB「PX-128M2S」、256GB「PX-256M2S」の3モデル。容量によって、リードライト性能に違いがある。保証期間は購入から3年間と長期で安心だアルミ製のケースを採用。往年の自作ユーザーには懐かしい“PLEXTOR”ロゴが燦然と輝いている。このためだけにでも欲しくなるのは、筆者だけか!?
PLEXTOR「PX-M2S」シリーズは、コントローラーチップにMarvell製「88SS9174」、NANDフラッシュメモリにTOSHIBA製チップを採用。全モデルがDDR3 128MBのキャッシュを搭載しているCorsair製「Performance 3」シリーズもフラッシュメモリやコントローラーは同じ構成になっている。チップの配置や基板のVerまで同じなような気が……
PX-M2Sのスペック、価格一覧
型番 PX-256M2S PX-128M2S PX-64M2S
容量 256GB 128GB 64GB
公称スペック シーケンシャルリード 400MB/s
シーケンシャルライト 300MB/s
シーケンシャルリード 350MB/s
シーケンシャルライト 200MB/s
シーケンシャルリード 300MB/s
シーケンシャルライト 100MB/s
実売価格 5万6000円前後 2万8000円前後 1万5000円前後

まずは、6Gbps対応コントローラーでの性能差を把握!!

 「PX-M2S」シリーズの性能を計測するのに先んじて、6Gbps対応Serial ATAコントローラーの違いによる性能差を計測しておこう。試したのは、「AMD SB850」(AMD PhenomII X6 1010T Black Edition)、「Marvell 9123」(Intel Core i7-950)、「Sandy Bridge(H67)」(Intel Core i5-2500K) の3つのコントローラーで、SSDには容量256GBの「PX-256M2S」を使用した。
 ベンチマークソフトの「CrystalDiskMark 3.0.1a」(テストデータ:ランダム)を使って、各モデルの性能を計測してみよう。

CrystalDiskMark 3.0.1a(単位:MB/s、1000MB) better→

 「Sandy Bridge(H67)」のパフォーマンスが最も良い結果を出しており、次点は6Gbps環境での速度に定評のある「AMD SB850」になった。問題は「Marvell 9123」だ。Sandy Bridge(H67)と比べてシーケンシャルリードで61MB/s、ライトで86MB/sもダウン。さらにランダムの512Kテストでも、ライトが大幅にダウンしている。どうも「Marvell 9123」には、リード/ライトに壁があるようだ。
 「PX-M2S」シリーズ採用のコントローラーは同じMarvell製なので相性問題はないと思うが、Marvell 9123や、RAID0/1に対応する「Marvell 9128」コントローラーを搭載するマザーボードや拡張ボードを使うときは、6Gbps対応SSDの性能をフルで引き出せない可能性もあるので注意しよう。

AMD SB850テスト環境
CPU AMD「PhenomII X6 1010T Black Edition」(3.3GHz)
マザーボード MSI「890FXA-GD70」(AMD 890FX)
メモリー DDR3-1333(PC3-10600)2GB×2本
Marvell 9123テスト環境
CPU Intel「Core i7-950」(3.06GHz)
マザーボード ASUSTeK「P6X58D Premium」(X58)
メモリー DDR3-1333(PC3-10600)2GB×3本
Sandy Bridge(H67)テスト環境
CPU Intel「Core i5-2500K」(3.3GHz)
マザーボード FOXCONN「H67S」(H67)
メモリー DDR3-1333(PC3-10600)2GB×2本

(次ページへ続く)

前へ 1 2 3 4 次へ

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

デル株式会社