このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

メイド×射撃場!?メイドカフェ「ふれんどりいふぁいあ」に潜入!

2011年02月12日 13時00分更新

文● 伊藤 真広

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 日本でも有数のメイドカフェ激戦区である秋葉原は、都内でも有数のエアソフトガンやミリタリーアイテムを取り扱うショップが集中する街でもある。
 そんな趣味の街秋葉原に1月、新たにシューティングレンジがあるメイドカフェ「ふれんどりいふぁいあ」がオープンした。

メイドカフェ「ふれんどりいふぁいあ」で、白ピンクのM4を構えるあんなさんと、紫鈴蛇(シリンダー)さんの2人。同店のメイドさんが参加するサバゲはこのM4を使う予定らしい。目立ちそう……

 それを聞いたサバイナルゲームが大好きなASCII.jp編集部員たちから、詳細な調査命令が下ったので、週刊アスキー副編集長Nとともに早速潜入取材してきた。え、なぜASCII.jpではなく週刊アスキーの編集と行くのかって? そりゃ週アス副編集長Nが無類のミリタリー好きだからですよ!

ふれんどりいふぁいあは、JR秋葉原駅中央改札を右に出た交差点をヨドバシカメラ側に渡ったら右に進み、ローソンを超えた先の第2横島ビルの3階だ

店内に一歩踏み込むとそこは……

 ふれんどりいふぁいあの場所は、メイドカフェが集中する外神田エリアの線路を挟んで反対側、ヨドバシカメラマルチメディアAkibaの並び。 昭和通り沿いにあるウィリーピートやスーパーガンといったエアソフトガンやミリタリアイテムを扱うショップに行ったあと、ECHIGOYA秋葉原店に向かう際にちょうど立ち寄りやすい場所となっている。


大きな地図で見る

 店内に入店しようと思い扉を開けると、お出迎えのメイドさんから同店の入店規則の確認があった。入店規則によるとむき出しでなければ銃器の持ち込みOKとなっているため、アメリカの空港で保安要員バリのボディタッチによる身体検査を期待していた筆者はがっかり。ちなみに、入店規則のほかに2つの約束がある。

・ 90分ワンオーダー制
・ 店内完全禁煙(ビル1階に喫煙スペースあり)

 上記の2つなのだが、90分ワンオーダー制となっているため、テーブルチャージがないのは非常にうれしいところ。

店舗入口に貼られている入店規約を熟読してから入店すること。店内は原則撮影禁止だが、オーダーしたメニュー撮影はOK。撮影したいときはメイドさんに一声かけてから撮影しよう!

 この日のためにお腹を空かせてきた筆者、席に着くやいなやメイド喫茶の定番メニューのオムライス「FFオムライス」(1000円)とメイドさんオススメの同店オリジナルカクテル「カトラスダイアモンド」(800円)をオーダー。料理ができるまでの間、シューティングレンジの使用方法を聞いた。

オムライスのほかに、サラダとポテトとボリューム満点のFFオムライスオリジナルカクテルのカトラスダイアモンド

 シューティングレンジは約8mのものが2レーン用意されており、ターゲットは備え付けのメタルターゲットのほかペーパーターゲットの用意もされている。さらに、ペーパーターゲットを使用した人はメイドさんが射撃の結果を見て、ターゲットにお絵かきしてくれるサービスも実施している。

座席数は、シューティングレンジの様子がみられるカウンター席4席とてテーブル席が16席。このほかスペースが広く取られているので、サバゲ帰りに大きな荷物を持っていても安心なのは嬉しい
シューティングレンジの長さは約8mのものが2レーン。レンジ内の壁にはオーナーが所有するエアソフトガンがところ狭しと並べられている

 使用方法と料金は、5分入れ替え制(待っている客がいない場合は、延長も可能)で、店内備品の銃を使用する場合、ハンドガンは1マガジン500円(追加マガジン300円/各マガジンの弾数はメニュー写真を参照)、エアコッキングライフル1マガジン600円(追加マガジン300円)、サブマシンガン1マガジン800円(追加マガジン500円)、アサルトライフル500円(追加マガジン500円/多弾装マガジン1500円)となっている。
 また、持ち込みもハンドガンに限り認められており、この場合のシューティングレンジ使用料は5分300円。ただし、ドリンクを注文するとワンドリンクにつき5分間の使用料が100円になる。

お店備え付けのハンドガンのリスト。エアソフトガンを撃つのが初めての人にもメイドさんが優しく使用方法を教えてくれる。筆者のオススメは、日本の自衛隊でも「11.4mm拳銃」の名称で装備されていた「ガバメントM1911」。異論は認める!

 現在は、店内設備を調整している関係で、使用できる銃はハンドガンのみとなっているが、日によっては電動式のM134(ガトリング銃)を撃てる日もあるとのこと。こちらのガトリング銃は、5トリガー3500円で、1トリガーで約5秒間弾が発射され続ける。

紫鈴蛇さんにM134を撃ってもらった。ちなみにこちらのバルカンは、本来ショルダーにかけて両手持ちをするのだが、重量が15kg以上と危険なためレンジのテーブルの上に置いての運用となる

今回は特別にこのガトリング銃をメイドさんに撃ってもらったので、その様子を動画でご覧いただこう。

(次ページへ続く)

前へ 1 2 次へ

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII @LIVE 2016、この秋開催

ピックアップ

デル株式会社