このページの本文へ

メイド整体サロンに自作PC組み立てスペースがオープン!

2011年01月29日 23時58分更新

文● 伊藤 真広

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 秋葉原のメイド整体サロン「癒あmaiden」で、自作PCの組み立てができる“メイド自作パソコン応援コース”が1月27日より開設された。さっそくそのコースを、元PCパーツショップ店員のM氏に体験してもらったので、その模様をお伝えしていこう。

メイド整体サロン「癒あmaiden」。営業時間は12時から21時まで。“メイド自作パソコン応援コース”が利用出来るのは土日祝日を除く平日で、水曜定休となっている

 “メイド自作パソコン応援コース”は、「癒あmaiden」の店内に用意された自作PC組み立てスペースを借りて、持ち込んだパーツで自作PCの組み立てができるというもの。今年設立25周年を迎えたAntecの正規代理店リンクスインターナショナルの協賛により実現した自作PC応援企画だ。
 同スペースのレンタル料金は1回あたり9800円で、料金の中には30分の整体の施術(通常料金は3625円)と、コーヒー/紅茶の提供(1時間に1回程度)が含まれる。さらに、Antec製のPCカート「LANBOARD」が貰えるので、組み立てたPCはカートに積んで持ち帰りも楽ちんだ。
 利用可能時間は月曜~金曜(水曜定休)の平日12時から21時まで。最長6時間利用可能で利用時間中の出入りは自由に行なえる。また、利用者の他に同伴者1名が認められているので、自作初心者は経験者と一緒に利用することもできる。ただし同伴者は、施術(30分以上)を受けるのが条件となる。なお、コースは完全予約制で、前日までに電話予約が必要だ。

「癒あmaiden」は、PCパーツショップZOA秋葉原本店の向かいにある中部ビルの2階。入口のこの看板が目印だ!
店頭のホワイトボードは、自作PCパーツメーカーのキャラクターがたびたび描かれることで、一部の自作PCユーザーの間でも知られている

アキバPCパーツショップの元店員Mが
“メイド自作パソコン応援コース”を体験!

 自作PCとメイドさんの最強コラボということで、ゲーム機のボディを使用した自作PCなどの製作者として知られる元PCパーツショップ店員のM氏に、“メイド自作パソコン応援コース”を実際に体験してもらった。
 メイドさんから同店の利用方法に関する説明を受け、自作スペースに案内されたM氏。入店時に整体の施術してもらう時間を決めるのだが、M氏はPCを組み終えるであろう時間を指定。メイドさんにPCの組み立てスペースへと案内された。

入店時に、注意事項にしっかりと目を通すM氏。左手に持つ懐中時計は、入店時刻のチェックと、整体の時間を指定するためのもの発売されたばかりのCPU「Core i5-2500K」を中心としたPCパーツ一式を持ち込んだ。パッケージごとだとかなりの大きさと重さになるので、組み上げて持ち帰れるのはありがたい

 組み立てスペースには、PCを組む上で必要となるドライバーや静電気防止の手袋といった工具類に加え、電源タップや液晶ディスプレイ、キーボード、マウス、スピーカーなど、組んだ後の稼働チェックに必要なものも揃っている。なお、カッターやはさみといった刃物類はお店が管理しているので、必要な場合はメイドさんにお願いするといい。

自作PC組み立てスペースには、ドライバーなどの工具類や手袋に加え、動作検証用の液晶モニタやキーボード、マウス、スピーカーを完備している

 「癒あmaiden」は整体サロンということもあり、店内の照明は落ち着いた雰囲気。M氏によると、真っ先にマザーボードをケース内に入れてから組もうとすると、手元が若干暗く感じるので、CPU、クーラー、メモリなどの細かいパーツをマザーボードに先に取り付けてから、ケースに組み込んだほうがいいとのこと。
 PCを組んでいる最中に、手の空いているメイドさんが作業の様子を覗きにきたり、自作PCについて質問されることもあるようなので、そんな時は“余裕ぶちかまして紳士らしく対応”すれば好感度アップ(かも!?)。

「まずは基幹パーツをマザーボードに取り付けるのが俺流」と語るM氏。そのほうがしっかりパーツが差し込まれたかをあらゆる角度から確認できるそうだ
整体サロンということもあり、店内の照明はやや暗め。ケース内にマザーを入れてからCPUやメモリを付けようとすると、手元が暗くて作業の難易度が高くなってしまうようだ。M氏の基幹パーツ先付け作戦が、図らずとも功を奏している
手の空いたメイドさんが作業を覗きに来ることも。その時は自慢のPCの話を聞かせてあげよう。自作PCに精通したメイドさんもいるようだ自作PCを組み立てる男らしい姿にウットリするメイドさん。つうか完全に「家政婦は見た!」状態だよね、これ。凶器は左手に持つドライバー

 マザー、CPU、メモリ、ビデオカードの最小構成でBIOSの起動を確認したところで、小休止するM氏。同コースには、おかわり自由の紅茶もしくはコーヒーが付いているので、休憩を取りたい時や作業の節目、OSのインストール待ち時間などでメイドさんを呼ぶといい。紳士はティーブレイクもスマートに過ごしたいものだ。

BIOSの起動を確認したところで、作業の手を休めて紅茶で一服するM氏。メイドさんからパソコンのことを聞かれて、ウィットに富んだ答えでメイドさんの笑顔を引き出すM氏に嫉妬!

 休憩が済んだら、ドライブ類などをケースに収めてネジで固定。配線もケースの裏側を通してきれいにまとめるM氏。さすが元店員だけあって作業が速い。とはいえ、PCケースにパーツを組み込んでからは、立ち上がったり中腰での作業がしばらく続いた。
 そうこうしているうちにPCが完成。無事マシンが動いたのを確認すると、緊張が解けたせいか椅子にへたり込むM氏。ほどよい疲れと達成感に体を委ね、奇妙な笑顔を浮かべている。そこへメイドさんが登場、ちょうど整体の時間が来たようだ。さすがM氏、PCを組み終える時間の計算まで完璧だ!
 重いPCケースを持ち上げたり、ネジ留めなどの細かい作業で疲れた体を癒すために、うつ伏せに寝転がるM氏。メイドさんのやさしい手でじっくり30分間揉みほぐされ、かなり上機嫌なご様子。
 施術が終わると、一刻も早くPCをいじりたいのか、先ほど組んだ自作PCをAntec製のキャスター付きPCカート「LANBOARD」に乗せ、筆者を置いてひとりで颯爽と帰ってしまった。

PCが組み上がると、Antec製のキャスター付きPCカート「LANBOARD」が手渡される。組み立てた自作PCは、このカートに乗っけてスムーズに運搬できる脱落防止用のストラップにはキャリーハンドルが付いているので、転がすだけでなく、持ち上げて運ぶこともできる(※画像提供:リンクスインターナショナル)
メイドさんによる施術を受けて、顔が緩みっぱなしのM氏心も体もリフレッシュし、自慢の自作PCと共に満面の笑みでお店を後にするM氏

 今回は組み上げた後に整体をお願いしたが、整体は入店時に施術を受けたい時刻を指定するシステムなので、もちろん入店直後や作業の途中でも施術は受けられる。また、30分以上のコースやオプション(眼精疲労ケア等)も、別途差額で受けられる。
 自作PCの組み立ては、下を向いたり中腰になったり、ネジ止めなどの細かい作業を繰り返したりするため、体への負担も大きい。作業中や作業後に、整体を受けられるのは、非常うれしい。しかも整体を施してくれるのがかわいいメイドさんなのだから、もはや言うことはない。
 おまけに、秋葉原にいながら自作PCを組めるので、万が一、買い忘れや初期不良品があったとしても、すぐにショップに駆け込めるというメリットもある。
 元PCパーツショップ店員もご満悦なこのサービス、ぜひ皆さんも体験してみてはいかがだろうか。

店舗情報
店名:癒あmaiden
所在:東京都千代田区外神田3-7-14中部ビル203
URL:http://www.yourmaiden.com/
電話:03-3252-2351
営業時間:12時~21時(自作パソコン応援コースは、土日祝日を除いた平日のみ利用可能)
定休日:水曜日

カテゴリートップへ

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

デル株式会社