このページの本文へ

ハードはサムスン製でSUPER AMOLED搭載

グーグル、新端末「Nexus S」とAndroid OS 2.3を発表

2010年12月07日 17時28分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 グーグルは、同社の「Nexus」ブランドの第2弾となるAndroid端末「Nexus S」と、そのNexus Sにも搭載されているOSの新バージョン「Android OS 2.3」(開発コードネームはGingerbread)を発表した。Nexus Sはアメリカでは12月16日、イギリスでは12月20日に発売。またAndroid OS 2.3については、すでに開発キットがダウンロード可能である。

今度のグーグル純正端末はサムスン製

 まずNexus Sは、ハードウェアの製造をサムスン電子が担当。ディスプレーは4型(480×800ドット)のフルタッチ型端末で、サムスン独自のSUPER AMOLED(スーパー有機EL)を採用する。メインプロセッサーは「GALAXY S」などと同様の「Hummingbird」のコードネームで知られる1GHz動作品を採用する。

 ハードウェアのもうひとつの特徴が「NFC」(Near Field Communication)の採用。NFCはFeliCaなどとも互換性を持つ近距離向けの無線通信技術。おサイフケータイやSuicaが当たり前となった日本ではあまり目新しいものではないが、グローバルな展開に期待が持てる。グーグルのサイトでは、ポスターに埋め込まれたICチップからのタグ情報の読み取りが例として挙げられている。

NFCへの対応もNexus SとGingerbreadの大きな話題。ここからどんな新しいサービスやソリューションが登場するのだろうか

 Android OS 2.3(Gingerbread)の特徴は、UIのシンプル化とスピードの改善、画面上に表示されたテキストをワンタッチでコピー&ペーストする操作への対応、パワーマネージメントの改善、前述したNFCへの対応などがある。

開発キットに含まれるエミュレーターで動作させたAndroid OS 2.3の画面

カテゴリートップへ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART