このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

週刊 PC&周辺機器レビュー ― 第82回

エンタメ志向の新次元ノート 復活のXPS 15を試す

2010年11月26日 12時00分更新

文● 池田圭一

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
XPS 15

 その第一印象は、「ハイパフォーマンス・ノートも安価になったものだ!」だった。円高の昨今、もっと見直されていいのがデルのパソコンだろう。新装されたデルのエンターテインメント志向ハイパフォーマンスノートパソコン「XPS」シリーズから、今回は「XPS 15」を取り上げる。

XPS 15 「XPS 15」。デザイン上で目立つところはないが、上品な質の良さが感じられる。パーソナル向けモデルだが、ビジネス利用も十分範疇に入る

シンプルで高性能! XPSブランドが復活した

 XPSとは「Xtreme Performance System」を示すという。しかし、最近までノートパソコンのXPSには新製品が投入されず(編注:デスクトップには「Studio XPS」シリーズがある)、このままシリーズが終了するかと思われていた。

 そこに投入されたのが、今回の新生XPSシリーズだ。14型ワイドディスプレーを搭載した「XPS 14」、同15.6型ワイドのXPS 15、17.3型ワイドディスプレーを搭載した巨大な「XPS 17」という、3モデルがラインアップされている。いずれも、シルバーとブラックのシンプルなデザインを採用しており、かつてのXPSノートを特徴付けていた華美な外観からは様変わりしているものの、パフォーマンス重視のポイントはしっかり承継している。しかも、価格は抑えられて買いやすくなった。

 同社のパソコンは、CPUやメモリー、GPU、HDD容量など細かな仕様を購入時に選べるのが特徴だが、XPS 15は3モデルの中で唯一、フルHD表示(1920×1080ドット)対応の液晶ディスプレーを選択可能となっている。

 外観はシックなブラックをベースとしながら、底面と液晶天板をシルバーに塗り分けたシンプルなデザインであり、コーナーに丁寧な丸みがあることで置き場所を選ばないのがいい。見た目に尖ったところはないが、アルマイト加工されたアルミニウム製の天板・パームレストなどが高級感をかもし出している。

 ちょっと変わっているのは、ヒンジ部分の構造だろう。写真のように本体部分が後部にせり出しており、液晶ディスプレーの下部が入り込むスペースが設けられている。ディスプレーを180度開くことはできないものの、重心のバランスが良く安定性がある。

特徴的なヒンジ部分の構造 理解できないHDDアクセスランプと充電ランプの位置
特徴的なヒンジ部分の構造。ディスプレー部が本体側に食い込むように開くため、前から見たときに隙間ができずに一体感があるデザイン面で唯一理解できないのが、HDDアクセスランプと充電ランプの位置(赤丸内)。ディスプレーの後部にあるため、これでは使用中に確認できない!

 液晶ディスプレーは15.6型ワイドの光沢パネルで、白色LEDバックライトの1366×768ドットパネルと、RGB LEDバックライトのフルHDパネルの2種類から選択できる。試用機にはフルHDが搭載されていたが、非常に緻密で発色の良い表示には驚いた。特に、色の濃淡の表現力に優れており、風景などを表示すると奥行きさえ感じられそうである。

 その反面、15型クラスでのフルHD表示は細かすぎるのだろう。高精細表示を意識していない古いビジネスソフトなどでは、文字が小さすぎて視認しにくいことがあった。普段どのような使い方をするのか、購入時に熟考したほうが賢明だ。なお、光沢タイプの液晶パネルではあるが、外光の映り込みはそれほど気にならなかった。

控えめな印象のアルミ製の天板 控えめな印象のアルミ製の天板。つや消しのアルマイト加工がされており、さらさらした感触のため指紋などが残りにくい

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART