このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

“JAXAの真田ぁ~ず”に総力インタビュー!第3回

祝帰還!「はやぶさ」7年50億kmのミッション完全解説【その3】

ついにたどり着いた小惑星イトカワが「ラッコ」だった件について

2010年06月14日 12時00分更新

文● 秋山文野 撮影●小林伸ほか イラスト●shigezoh 協力●JAXA/ジャンプトゥスペース

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ラッコの表面はゴツゴツ……降りられるのは「ミューゼスの海」だけ

イトカワに「はやぶさ」の影が落ちるさまを捉えた貴重な一枚(提供:JAXA)

 11月4日、リハーサル降下試験を行なったものの、自律航法のための画像処理が能力を越え、中止。地上からの補助を加えて再度臨むこととなった。また、着陸予定地のひとつだった「ウーメラ」には、予想よりも大きな岩石が多かったため不適当と判断。着陸は、ラッコでいえば首の部分にあたる「ミューゼスの海」地域となった。

 11月12日、第三回リハーサルが行われ、小型ローバ「ミネルバ」が分離。しかし、ミネルバのイトカワ表面への投下はならず、放出されながら「はやぶさ」の太陽電池パネルを捉えた画像を残し、失われた。

「はやぶさ」本体に搭載された状態の探査ローバ「ミネルバ」JAXA相模原キャンパスで公開されているミネルバの模型。イトカワ表面を飛び跳ねながら探査を行なう予定だった

 11月19日、第一回のイトカワ着陸と試料採取が開始された。88万人の名前を入れたターゲットマーカが、ミューゼスの海に投下され、光るターゲットマーカとその横に落ちる「はやぶさ」自身の影が写った印象的な画像が撮影された。


コラ画像まで作られた会心の一枚

齋藤 私にとっては、「はやぶさ」が撮影した画像はどれもすべて大切ですけど、この「はやぶさ」の影が写った一枚は想像以上に受けましたねえ。あんなに受けるとは思わなかった。外国の掲示板かどこかにも転送されたらしいです。その後、この「はやぶさ」の影の横に「スター・ウォーズ」に出てくるX-Wingの影を落とした画像がアップされたらしく、それを印刷したものが運用室に貼ってありましたよ。

「はやぶさ」の影を写した一枚は話題を呼び、X-Wingの影がコラージュされた画像まで作られた

 ノーマルな撮影のときには、イトカワの自転などに合わせてスケジューリングした上で撮影するわけですが、タッチダウンのときは忙しくてそれどころではないので、その都度撮影のコマンドを手打ちするんです。「今撮れる? 割り込んでいい?」って。

 AMICA/ONC-Tは最短撮影距離が100mで、それ以上近づくとボケる可能性があったんです。それでもいいからと70m前後くらいで1枚撮ってますよ。幸い、ボケなかったので結果オーライですが、よく撮れたなあというのがありますね。


次回予告!

 初めて見るイトカワは予想外の姿だった。それでも着陸決行に向けて動き出した「はやぶさ」だが、想像を超えた事態、そして危機に次ぐ危機に見舞われる。


前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

電玉バナー(300x100)

ピックアップ

デル株式会社