このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

長~く使える極上のPCケース2010第5回

長~く使える極上のPCケース2010【その他オススメ編】

2010年06月04日 20時00分更新

文● 石井 英男

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 本特集では、メーカーごとにオススメのPCケースを紹介してきたが、最後は、その他オススメ編と題して、これまで取り上げてこなかった3社の製品を1台ずつ紹介していきたい。

SilverStone、Lian-Li、Corsairからオススメモデルをチョイス

AV機器風アルミケースから独自デザインのゲーミングPCケースまで
幅広いラインナップを誇るシルバーストン

 シルバーストンは、アルミ素材を利用した横置きのHTPC向けケースや独創的な構造を採用したゲーミングPC向けケース「Raven」シリーズから、オーソドックスなデザインのケースまで、幅広いラインナップを誇る。品揃えが充実しているので、用途や好みに応じて、最適な製品を選べることが魅力だ。ここではその中から、ゲーミングPC向けケース「Ravenシリーズ」の最新モデルRaven 2を紹介しよう。

Raven 2

●URL:http://www.mustardseed.co.jp/products/silverstone/case/sst-rv02b-w.html
●実売価格:1万9000円前後

マザーボードを90度回転させて取り付ける
ゲーマー向け大型ケースの新モデル

 Raven 2は、マザーボードを90度回転させて取り付けるという、斬新な構造で話題を呼んだ大型ケースRavenシリーズの最新モデルである。初代Ravenは、サイズが28(W)×66(D)×61.6(H)cm、重量が15kgという巨大なケースであったが、Raven 2は、設計が一新され、サイズが21.2(W)×64.3(D)×50.3(H)cm、重量が12.5kgと、サイズは一回りほど小さくなったが、それでも一般的なミドルタワーケースに比べるとかなり大きい。特に奥行きがかなり長いので(高さよりも長い)、設置場所には注意したい。

 フロントパネルは、中央が盛り上がったV字型デザインを採用しており、シャープな印象を受ける。初代Ravenは、マザーボードを90度回転して搭載することで、拡張スロットやI/Oポートを天面に出すというデザインを採用していたが、正面向かって左側にマザーボードの表側がくるようにマザーボードが搭載されており、その点については通常のケースと同じであった。しかし、Raven 2では、マザーボードの取り付け方が変わり、90度回転させただけでなく、正面向かって右側にマザーボードの表側がくるように設計されている。通常のケースでは、内部を見るための透明窓は左サイドパネルに設けられるが、Raven 2では、右サイドパネルに大きなプラスチック製の透明窓が用意されている。
 サイドパネルを外すには、まずABS樹脂製のトップカバーを外し、次にサイドパネルを固定しているローレットスクリューを外せばよい。トップカバーはプラロック(ジュラコンキャッチ)で固定されており、工具を使わずに取り外しが可能だ。

フロントパネルは、中央が盛り上がったV字型デザインを採用している
通常のケースとはマザーボードの取り付け方が異なり、正面向かって左側にマザーボードを装着する。右サイドパネルに大きな透明のプラスチック製窓が用意されており、内部の様子が確認できるフロントI/Oポートは天面の手前に配置されており、USB 2.0×2とマイク入力、ヘッドホン出力が利用できる
背面。通常のケースとはマザーボードを取り付ける向きが違うので、背面には拡張スロットなどはなく、非常にスッキリしている。中央に空気口が設けられている背面の空気口には、取り外し可能なエアーフィルターが装着されている

(次ページへ続く)

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中