このページの本文へ

ネット音楽レーベルの社員・むらたさんがCDデビューする理由

2010年03月08日 12時00分更新

文● 盛田諒/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

CDに参加したのは「顔」を見せたかったから

―― 個人的な経歴はよく分かりました。で、なんでコンピに出てるんですか。

コンピCDに参加したのは「『やったらいいじゃないですか』と言われてたんで」

ADmurata なんでなんでしょうね。「LOiD」をはじめたころから、bakerさんとかオニキスさんから「むらたさんもやったらいいじゃないですか」と言われてたんで。

―― いや、そんな素直な。本気ですか。

ADmurata 会社に入ったときもバンドの夢が捨てきれなくて、素直にサポートに回れなかったんです。プレイヤーとして「ギターもっとうまく弾けるよ!」と思っちゃったりして。

―― そのころにはまだ自分のバンドも続けていて?

ADmurata ちょうど解散したころです。だからまだ割りきれなくって、ハッチで最初にやったのはバンドじゃなくて「ピコ萌え」っていう8ビット系のCDだったんです。

―― それが今回、結局出ちゃってますけど。

ADmurata 色んな人と知り合い、信頼できるようになったので「みんなとなら(バンドサウンドを)やれるかな」って踏んぎりがついたんです。KNOTSさんあたりがそうですね。

―― じゃあ「LOiD」はむらたさんがデビューするためのレーベルだったということですね。

ADmurata ……なんかいじめてませんか。レーベルはcosMo君とかDenkitribeさんあたりを含めた初期メンバーと知り合って、彼らと相談しながら作ったものですから。「ネットクリエイターのたまり場」というイメージで。


―― 「むらたさん」がCDに参加することについて、社内の反応はどうですか。

ADmurata 営業のNさんは「むらたさんのが一番良かった」って言ってくれました。

―― 誰ですか。ほんとに「やりかったから」でいいんですか、それ?

ADmurata いや、本当は企業としてリスナーに顔を見せたかった、という。

―― 顔を見せるというと。

ADmurata 音楽業界に限らず、企業が不審を招くのって「正体が見えない」「表に出てこない」というのがすごく強くあったと思うんです。だけど、いざ代表が出てきても叩かれる。それって、対等な視点で話を出来てなかったからだと思うんです。

―― 「ちゃんと音楽をやってる人が作ってますよ」という。

ADmurata ちゃんと出来てるか分からないですけど。産直の野菜に「わたしが作りました」ってあるじゃないですか。あれをやろうと思ったんです。いま一番参考にしなきゃいけないのって、そういう第一次産業で普通にやってたことなんじゃないかと。それに自分が参加してみることで、ふだんクリエイターがどう思ってるかってのも分かるかなと。

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン