このページの本文へ

バンドとニコ動、2つの顔を持つ「裏表ラバーズ」作者の素性

2010年02月13日 12時00分更新

文● ノトフ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

プロになろうとは思わない「ニコ動人気にあやかっている」

現実逃避Pとしてのリリース情報を掲載しているブログ。Twitterとも連動させている

―― ボカロ関連で学んだことは、曲作り以外でも色々あると思うんですよね。そういったことはバンドでも生かせそうですか?

現実 そうですね。プロモーションの方法はすごく勉強になってます。ネットの使い方とか、Twitterもそう。それまでは全然意識してなかったんですけど、ニコニコ動画で活動してみて、ネットの影響がどれだけ大きいのかというのを思い知りました。

―― バンド活動に変化はありましたか?

現実 変わってます。良い反応がもらえるようになりました。

―― ニコ動のコメントについては、どう思いますか?

現実 嬉しいっていうのが一番にありますね。1曲目を投稿したとき、いつコメントが来るかなってドキドキしながら待ってて、最初のコメントが付いたときは嬉しかったですよ。バンドやってても、そうやって曲にコメントが付くことってなかなかないですから。ネガティブなコメントは、人に見られる環境にある以上はある程度しょうがないなと思いますし。

―― 大人ですね。僕なんかだと自分の動画にネガコメが付くと悔しいですよ!

現実 あ、悔しいっていうのはすごくあります。だからそれを次につないでいこうかなって。

―― 音楽が好きでこれだけ人気があるなら、プロの道を考えようとは思いませんか?

昨年11月には自主制作のファーストアルバム「the monochrome disc」をリリースした。7曲入りで1000円

現実 いや、それは本当にないですね。今の状態が一番面白いんですよ。学校でも面白いことが出来てますし、そのかたわら、ニコニコ動画でも自分の好きなことをやってる。そしてバンドはバンドで面白くて……。

 そういう状態がすごく面白いんですよね。趣味としてやってても、音楽に対して真摯に向き合えていて、自分の好きなことを出来ている。なので、このまま楽しくやれればいいんじゃないかって思いますね。

―― そういう方は多いですよね。本業は別に置いて、趣味だから楽しい。やっぱり、みんな音楽に全てを賭けるのは、恐いですか。

現実 自分の場合だと、技術的にも、DTMに関しても、今までやってなかったっていうのもありますし……ちょっとあやかっているっていうのもありますね。

―― あやかっている、というと?

現実 初音ミクやニコニコ動画という媒体にですね。もっとすごい人はたくさんいますし。

注目ニュース

ASCII.jp特設サイト

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART