このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

「ミクの日感謝祭~39's Giving Day~」に行ってきた

中学生アイドルと初音ミクの「共演」に観客が熱狂!

2010年03月13日 12時00分更新

文● 全農連P

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
2010年3月9日。ライブハウスZEPP TOKYOがボーカロイド「初音ミク」のイメージカラーのライムグリーンに染まった

 3月9日、平日の13時。冷たい雨が降りしきる中、ライブハウス・ZEPP TOKYOに長蛇の列が出来た。2500人にも及ぶ観客たちが見に来たのは、歌声合成ソフト(ボーカロイド)のアイドルキャラクター「初音ミク」のライブイベントだ。

 ライブ「ミクの日感謝祭~39's Giving Day~」は昼夜の二部構成。「初音ミク・ひるコンサート~こんにちは、初音ミクです~」は、夜の部に応募者が殺到したために急遽開催が決定したもの。ミク人気のすさまじさがうかがい知れる、昼の部の模様をお伝えしよう。

ZEPP TOKYOに傘の花が開いた。若者に混じって年配客も混ざっており、まさにカオス状態

 開場と共に、観客席は瞬く間に埋め尽くされた。客電が消えると、一面に緑色のサイリウムが広がっていく。もちろんこれはミクにちなんで「ネギ」を模したものだ。最前列には白と緑のものを組み合わせてよりネギっぽくしたものさえ見える。

 やがて暗転した会場に、伴奏なしのアカペラでミクの声が響く。ミクが「歌った」のはニコニコ動画の人気曲「ハジメテノオト」。

 やがて静かに曲が終わると生演奏のギターが入り、PSP用ゲーム「初音ミク -Project DIVA-」(以下「DIVA」)の公式ソング「Project DIVA desu.」が流れはじめる。演奏は「THE 39S」。今回のイベントのために結成されたスペシャルバンドだ。

バンドサウンドに合わせて「歌って踊る」初音ミク。そのリアルな動きは本当の人間と見まごうほどだ

 オープニングアクトに会場が沸いたところへ、ついに「初音ミク」がステージに登場。巨大な透明パネルに映し出された3DCGのミクが踊り、会場はヒートアップしていく。そのまま「ワールドイズマイン」「えれくとりっく・えんじぇう」「サウンド」「恋スルVOC@LOID」と、初期の人気曲を立て続けに披露した。

 ここで、前回のミクフェス(関連記事)にくらべて、パネルが「横に広がっている」ことに気づいた。その大きさは縦2メートル×横6メートル。これは一体なぜなのかというと……? その意味はまた後ほど。

前へ 1 2 3 4 5 次へ

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART