このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

痛車と痛単車でサーキットを走れる痛イベント開催!

史上最痛の作戦!? 富士スピードウェイを痛車で埋め尽くせ!

2009年02月13日 20時00分更新

文● 末岡大祐/Webアキバ編集部 SUPER GTフォト/加藤智充

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ついに富士スピードウェイが動いた!

 去年から何かとASCII.jpと縁がある(と勝手に思っている)、富士スピードウェイ(以下、FSW)。世界最高峰のモータースポーツ、F1が開催されているコースと言えば知らない人はいないだろう。大小様々な規模のモータースポーツから普通の走行会まで、幅広く行なわれている。

SUPER GTに痛車が参戦! 初音ミクZ4密着レポート

 ASCII.jpでは、これまで「富士スピードウェイ痛車ミィティング2008」、「SUPER GTに痛車が参戦! 初音ミクZ4密着レポート」、今年に入ってからも「新春走り初め! 痛車が富士スピードウェイを爆走!」、「スーパーママチャリGP参戦記」、「痛車vsポルシェ! 7時間耐久レースに痛車で参加!」、「雪に消えた初音ミクZ4のドリームバトル」などなど、ほぼ毎週のようにFSWでのイベントをレポートしてきた。

 もはやASCII.jpのホームコース(自称)となったFSW。そんなFSWからとんでもない情報が寄せられた。

 FSWが主催の「モータスポーツドリーム 2009」(以下、MSD)というイベントが3月15日に開催される(詳細はこちら)のだが、その中で「痛車&痛単車で富士スピードウェイを埋め尽くせ!」という企画があるというのだ!

 どんなことをするのか、簡単に説明すると、

F1マシンも走ったFSWの国際レーシングコースに、来場した痛車&痛単車をすべてコースインさせ、パレードランを行なう

のである。

 元々MSDでは、オフ会の会場として駐車場を開放しており(来場の際には入場料と駐車料金が必要)、そのオフ会に参加した人は無料で体験走行もできるという特典があった。それとは別枠で痛車専用の無料体験走行が用意されるのである。さすが、FSW主催の祭りだ! いまだかつて、こんなビッグスケールの痛イベントはなかっただろう。

富士スピードウェイ痛車ミィティング2008新春走り初め! 痛車が富士スピードウェイを爆走!

 クルマ乗りなら、誰しもが心の中で「一度はサーキットを走ってみたい」と思ったはず。しかし、現実には「走ってみたいけど、大金を払ってまでは……」というためらう人が多い。だが、このイベントなら入場料と駐車場代の2000円(前売の場合。当日は2500円)だけで、FSWの国際レーシングコースを安全に走ることができるのである。しかも、痛車だけでなく痛単車も一緒に走ることができるのだからスゴイ(参加台数によってはクラス分けの場合あり)。

スーパーママチャリGP参戦記痛車vsポルシェ! 7時間耐久レースに痛車で参加!

 この歴史的イベントに、痛車乗り、痛単車乗りの皆さんはぜひ参加してほしい。FSWによれば「何百台集まろうが、全台コースインさせる」とのこと。すなわち、来れば絶対にコースを走れるのである。

 今すぐにFSWのホームページから申し込もう!

 また、ASCII.jpでは読者プレゼントとして10組20名様分のチケットをいただいたので、奮ってご応募願いたい(応募方法は次のページにて)。

雪に消えた初音ミクZ4のドリームバトル(HKS プレミアムデイ)

(「よくある質問」(FAQ)は次のページで!)

前へ 1 2 次へ

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

水着美女×ガジェット=大正義

ピックアップ

デル株式会社