このページの本文へ

SUPER GTに痛車が参戦! 初音ミクZ4密着レポート ― 第11回

痛車がSUPER GTを席捲! 大波乱の富士最終戦!

2008年11月11日 20時33分更新

文● 末岡大祐/Webアキバ編集部 写真/加藤智充、編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

間違いなくSUPER GTの歴史に名を残した初音ミクZ4

 他にBMWで出場しているチームが他にない以上、車両製作は1からの手探りで難航を極めた。なんせ参考データがないのである。スーパー耐久で勝っていると言っても、エンジンは換装させているし、ほぼ別モノだからそのデータではあまり意味がない。そして、圧倒的に足りない時間もスタッフの悩みの種だっただろう。結局、エンジン内部に手を入れるヒマもなく、トランスミッションはレースカーの定番である「シーケンシャル」ではなく、普通のクルマと同じ「Hパターン」のまま。ギア比の調整も足回りのセッティングも満足にできないまま、最終戦を迎えたのだ。結果は18位で完走。そう考えると、Z4のレーシングカーとしてのポテンシャルの高さが見て取れなくはないか。もちろん、菊地選手、田ヶ原選手のドライビングスキルの高さがあってこそなのは言うまでもない。

 最終戦を完走できたことで、初音ミクZ4はようやくスタート地点に立てた。少年漫画風に言うと「俺たちの戦いはまだ始まったばかりだ!」という状態だ。だがしかし、階段を確実にひとつずつ上がっている。もしかしたら、来年は数段飛ばしで階段を駆け上がるかもしれない。

 「Studie and GLAD with ASADA Racing」は来年もSUPER GTに参戦することが決定している。マシンは今年と同じZ4、キャラクターは初音ミクが続投だ。ただし、ベースカラーは若干変更になるとのこと。個人スポンサーの募集も始まったことだし、今年応援してくれたファンの方は、ぜひ来年も引き続き応援していただきたい。もちろんASCII.jpでも、またまた密着する予定だ。

 なお、ドライバーの田ヶ原選手のレポートも後日掲載予定。なんでペナルティーになっちゃったの? スピンしたときはどんな気持ちだった? などなど、ぶっちゃけ裏話が満載! お楽しみに!

(次のページのフォトギャラリーへ続く)

この特集の記事

最新記事

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

食えばわかるさ! アスキー・ジャンク部の体当たりレビュー

ピックアップ

デル株式会社