このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

SUPER GTに痛車が参戦! 初音ミクZ4密着レポート ― 第5回

初音ミクZ4、もてぎで炎上!

2008年09月16日 23時10分更新

文● 末岡大祐/Webアキバ編集部 写真/加藤智充、編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

残念ながら、またもデビューならず!

ミクZ4

 国内最高峰のハコ車レース「SUPER GT」に、第6戦、鈴鹿ラウンドから参戦している「Studie and GLAD with ASADA Racing」と「初音ミク Studie GLAD BMW Z4」(初音ミクZ4)。鈴鹿サーキットでは、燃料タンク系隔壁形状不備により車検が通らずに、レースに出場することができなかった(関連記事)。その後、レース運営側とのディスカッションを重ね、万全の体制で今回の第7戦、ツインリンクもてぎに挑んだのだが……。

 悪夢が再び訪れてしまった。9月12日(金)の練習走行中に、突如オイル系統にトラブルが発生し、なんとか修復したものの2回目の練習走行でエンジンブローでストップしてしまうという、最悪の事態が起きてしまったのである。メカニックの懸命な修復作業にもかかわらず、原因がどこにあるのかエンジンを下ろして分解しないと結論が出なかったため、チーム側は出走を断念。決勝どころか予選にも出走できず、という結果になってしまった。

 今回もまたレースレポートをお届けできなかったのは誠に残念ではあるが、これもレースの世界。新規チームが新規マシンでいきなりノートラブルで出走できるほど、現在のSUPER GT GT300クラスは甘くはない。チームとしても「3回目はない」と崖っぷちに立たされてしまったが、どうか長い目で応援していただきたい。のちほどドライバーの田ヶ原章蔵選手によるレポートも掲載予定なので、お楽しみに!

 さて、今回は貴重な初音ミクZ4の走行写真や、マシンのトラブルが起きた部分や、前回から変わった部分、そしてレースクイーン「ミクミクギャルズ」の写真をお届けしよう。

RQ

(次のページへ続く)

前へ 1 2 3 次へ

この特集の記事

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII @LIVE 2016、この秋開催

ピックアップ

デル株式会社