このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

荻窪圭の“這いつくばって猫に近づけ” ― 第54回

EX-F1の超スロー動画でネコを撮る――後編

2008年05月21日 10時59分更新

文● 荻窪圭/猫写真家

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
獲物を狙う猫を望遠で
じっと獲物(遊び相手?)を狙って身を潜める猫を望遠で。何を狙ってたかは不明 (2008年5月撮影 カシオ計算機「EX-F1」)

 前回に引き続き、カシオの超絶連写デジカメ「EX-F1」。簡単にスペックを書くと、レンズは35mm判換算で36-432mm相当の12倍超望遠ズーム、1/1.8インチで600万画素の撮像素子を搭載する。大きさは小型デジタル一眼レフくらいのサイズで価格は10万円ちょっと。コンパクトデジカメも1000万画素に迫ろうという時代に600万画素で10万円というのは高い……と感じるだろう。

EX-F1
EX-F1。存在感のある大口径レンズでネコを凝視しろ!

 でも毎秒60コマなんて超高速連写が可能なのは、普通のデジカメとは異なる新開発の高速読み出し撮像素子を使っているからなのである。それがソニー製の新型CMOSセンサー。600万画素フルサイズの画像を毎秒60コマの速度で撮影できるという性能を持っている。

 となると、超高速で読み出された600万画素の画像を超高速で処理しないととても追い付かない。だから内部の処理回路やバッファーにもコストがかかっており、結果として価格が高くなるのも道理なのだ。

 今回は、前々回紹介した遊び盛りの猫を狙ってみた(関連記事)。超望遠ズームなので、遠くの猫をこっそり狙うのは得意。

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART