このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

アスキー的パソコン大解剖

第9世代と第8世代Core、そしてRyzenのどれを選ぶべきか?

Intel第9世代CPU「Core i9-9900K」などの性能検証でわかった強みと弱み

2018年11月06日 18時00分更新

文● 加藤 勝明(KTU) 編集●北村/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 2018年10月20日、“Coffee Lake-Refresh”として登場が噂されていたインテルの第9世代Coreプロセッサー「Core i9-9900K」「Core i5-9700K」「Core i5-9600K」の3モデルの販売がスタートした。

 Core i9とi7の2モデルは、インテルのメインストリーム向けCPUとしては初めての物理8コアモデル。Coffee Lake-S(第8世代Coreプロセッサー)でこれまでのハイエンドデスクトップ向け製品にしかなかった6コアをメインストリームに下ろし、今回の第9世代でついに8コアを下ろしたことになる。

 この慌ただしい動きの裏には、AMDのRyzenファミリーの存在があることは火を見るよりも明らかだ。第9世代Coreプロセッサーが出るまでは、メインストリームCPUの最多コアモデルは8コア16スレッドの「Ryzen 7 2700X」であり、特にCGレンダリングや動画エンコードなどの用途では、インテルの6コア12スレッド「Core i7-8700K」は太刀打ちできない面があった。

 もちろんCore i7-8700Kでもシングルスレッド性能や、AVX2を使った処理などではRyzenに対抗できていたが、やはりマルチスレッドでも勝利できるインテル製CPUの登場が期待されていた。それが今回の第9世代Coreプロセッサーとして結実したのだ。

 今回は、締切の早い倶楽部および週刊アスキー電子版のためにQS版(Quality Sample)のCPUをメーカーから借り受け検証した。QS版ゆえに実際の製品版とは微妙に挙動が違う可能性もあるが、その分さまざまな側面から新CPUの強み・弱みを検証してみるとしよう。

Core i9-9900K。形状はこれまでのLGA1151版Coreプロセッサーと同一だ
Core i9-9900Kの外箱。これまでの長方形とは打って変わって12面体になっている

多コア化だけじゃない、大きな修正点にも注目

 まずは第9世代Coreプロセッサーの概要をまとめておこう。CPUのスペックは以下の通りだ。最上位のi9-9900Kはターボブースト2.0発動時に最大5GHzまでクロックが上がる。CPUダイとヒートスプレッダーの接合部にはライトユーザーを中心に評判の悪かったTIM(グリス)を止め、ソルダリング(はんだ付け)に戻したことで高クロック化が可能になったようだ。

新旧CPU比較表
  Core i9-9900K Core i7-9700K Core i7-8086K Core i7-8700K
開発コード Coffee Lake-Refresh Coffee Lake-Refresh Coffee Lake-S Coffee Lake-S
コア数/スレッド数 8/16 8/8 6/12 6/12
定格クロック 3.6GHz 3.6GHz 4GHz 3.7GHz
TB2.0時クロック 5GHz 4.9GHz 5GHz 4.7GHz
TB3.0時クロック -- -- -- --
L3キャッシュ 16MB 12MB 12MB 12MB
メモリークロック DDR4-2666 DDR4-2666 DDR4-2666 DDR4-2666
メモリーチャンネル 2ch 2ch 2ch 2ch
内蔵GPU UHD 630 UHD 630 UHD 630 UHD 630
GPU最大クロック 1.2GHz 1.2GHz 1.2GHz 1.2GHz
PCI-Eレーン数 16 16 16 16
TDP 95W 95W 95W 95W
価格 6万6000円前後 5万1500円前後 5万2000円前後 4万8000円前後
新旧CPU比較表
  Core i5-9600K Core i5-8600K Core i7-7820X
開発コード Coffee Lake-Refresh Coffee Lake-S Skylake-X
コア数/スレッド数 6/6 6/6 8/16
定格クロック 3.7GHz 3.6GHz 3.6GHz
TB2.0時クロック 4.6GHz 4.3GHz 4.3GHz
TB3.0時クロック -- -- 4.5GHz
L3キャッシュ 9MB 9MB 11MB
メモリークロック DDR4-2666 DDR4-2666 DDR4-2666
メモリーチャンネル 2ch 2ch 4ch
内蔵GPU UHD 630 UHD 630 --
GPU最大クロック 1.15GHz 1.15GHz --
PCI-Eレーン数 16 16 28
TDP 95W 95W 140W
価格 3万5000円前後 3万3500円前後 7万5000円前後

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

週間ランキングTOP5

ASCII倶楽部会員によく見られてる記事はコレだ!

ASCII倶楽部の新着記事

会員専用動画の紹介も!