このページの本文へ

MCコジマのカルチャー編集後記第342回

格安SIM選び ポイントは速度と「自分の使い方」

2018年02月06日 08時00分更新

文● モーダル小嶋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アスキー編集部は、主要格安SIMの速度調査を開始しています。平日毎日12時、15時、18時の計3回、格安SIM12回線の通信速度を計測し、当日の夜に記事を更新(バックナンバーはこちら)。毎日計測すれば、おのずと数字の差が出てくるわけで、わかりやすく比較できるという発想です。

 しかし、速度は重要ですが、あくまでも物差しの一つでしかありません。スピード以外の部分でも差はあります。問題は、何を基準に選ぶかです。どういう使い方を求めているか、といったほうが正確でしょうか。

 速いに越したことはありませんが、とえば速度が似たような事業者なら、安いほうを選びたくなるのが当然です。とはいえ、そこは競争の世界、月額料金にそれほど大きく差があるわけではない。

 カギになってくるのは、たとえば新規契約、学割、複数回線申込などを対象としたキャンペーンのような、オトクになってくる要素です。“格安”SIMなわけですから、せっかく利用するなら、なるべく安上がりにすませたいものです。

 逆にいえば、月々の出費を抑えたいなら、回線速度を重視しない発想もあります。速度を取るか、料金を取るか。使い方にあわせたプラン選びが肝心になってくるのですが、むずかしいのは、たとえば1ヵ月に「3GBちょっとぐらい使う」場合。月々の使用量が3GBにするべきか、もう少し余裕のあるプランにするべきか。

この連載の記事

週間ランキングTOP5

ASCII倶楽部会員によく見られてる記事はコレだ!

ASCII倶楽部の新着記事

会員専用動画の紹介も!