このページの本文へ

MCコジマのカルチャー編集後記第312回

ECMのストリーミング解禁がうれしすぎる

2017年11月22日 08時00分更新

文● モーダル小嶋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
こちらはECM入門的な「“静寂の次に美しい音”プレイリスト」

 ECM(Editions of Contemporary Music)は、1969年、ドイツ(当時は西ドイツ)のミュンヘンにて、マンフレート・アイヒャーによって設立されたレコード会社です。

 「静寂の次に美しい音(The Most Beautiful Sound Next To Silence)」を合言葉に、ジャズを主とした作品を次々にリリース。透明感のある音と洗練されたジャケット・デザインには定評があります。そして筆者、このレーベルが大好きです。

 そんなECMの“全作品”が11月17日からストリーミング・サービス(Apple Music、Spotify、AWA、LINE MUSIC、KKBOX)で解禁されました。あまりにもうれしいので、筆者がECMレーベルでオススメしたいアルバムを25枚選びました(関連記事)。ぜひ読んでください。

 言いたいことは以上なのですが、さすがにこれだけではアレなので、もう少し続けます。10年ほど前でしょうか、まだまだ音楽配信サービスが出揃ってもいなかった頃。ECMの音をもっと知りたいと思った筆者でしたが、入手困難になっているアルバムも少なくありませんでした。

この連載の記事

週間ランキングTOP5

ASCII倶楽部会員によく見られてる記事はコレだ!

ASCII倶楽部の新着記事

会員専用動画の紹介も!