このページの本文へ

MCコジマのカルチャー編集後記第279回

iPhoneのカメラ進化は必然

2017年09月28日 08時00分更新

文● モーダル小嶋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 iPhone 8 Plus(と、iPhone X)に搭載された「ポートレートライティングモード」。これがなかなか面白いのですよ。

 被写界深度エフェクトを活用して、一眼レフカメラのような背景をボカした写真が撮れる「ポートレートモード」はiPhone 7 Plusにもありました。しかしポートレートライティングモードは、顔検出と合わせて、照明効果を入れてくれるのですね。

 人物を撮影する際など、雰囲気を変化させたポートレート写真を撮影できます。使うシーンを選ぶかもしれませんが、「ステージ照明」を選ぶと被写体以外が真っ暗になって見えなくなるのが面白いですね。

「自然光」だとこんな感じ
こちらは「ステージ照明」

 巷では「インスタ映え」などという言葉が使われたりしています。もっとも、Instagramを利用している層の人たちが使っているようには思えず、外側にいる人がちょっと揶揄するようなニュアンスで言うことの方が多い気もしますが。

この連載の記事

週間ランキングTOP5

ASCII倶楽部会員によく見られてる記事はコレだ!

ASCII倶楽部の新着記事

会員専用動画の紹介も!