このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

アスキースマホ総研・白書第48回

容量だけで判断してない? スマホに最適な「microSDカード」の選び方

2017年08月16日 18時00分更新

文● 島徹 編集●ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Androidスマホのほか、最近では小型モバイル機器の多くが採用しているmicroSD(microSDHC/microSDXC)。以前はスマホの写真や楽曲の保存先としての利用が中心だったが、今では4Kムービーの撮影や、動画やハイレゾ音源の持ち歩きなど、高速さと容量の両方を求められることが増えてきた。今どきのmicroSDの選び方と、代表的な製品の実際の性能についてベンチマークテストで見ていこう。

【最新版】microSDのスペックの読み方

 microSDを選ぶ際に重要なのは、データの保存容量とデータの読み込み速度、書き込み速度だ。

 データ容量は現行製品では4GB~256GBまでが一般的。4Kムービーや写真の撮影、動画や音楽を大量に持ち歩く場合は大容量モデルがオススメだ。データの読み込み、書き込み速度は、4Kムービー撮影やPCとファイルをやりとりする際の速度が違ってくる。

microSDは容量や速度によってさまざまな種類がある。パッケージに書かれた用途表示も参考になる

 とはいえ、とにかく大容量かつ超高速のmicroSDとなると、1万円を超える高額モデルになってしまう。必要な容量と速度を決めて、手ごろな価格のmicroSDカードを選ぶようにしよう。

【その1】microSDの容量と種類

 microSDをよく見てみると、容量とmicroSDのロゴが大きく記載されている。microSDHCとmicroSDXCの大きな違いは最大容量だ。4GB~32GBまでならmicroSDHC、64GB以上のモデルはmicroSDXCとして販売されている。

 注意点として、やや古いスマホやモバイル機器、1万円台の低価格SIMフリースマホなどでは32GBまでのmicroSDHCしか利用できないことがある。大容量のmicroSDを購入する場合は、利用する機器が対応する規格も調べておこう。

32GBまではmicroSDHC、64GB以上はmicroSDXCだ。古い製品だと、microSDHCまでしか対応していないものもある

 容量あたりの価格が安いのは、2017年8月時点では32GBと64GBモデルとなっている。これは部品の製造コストや販売数のバランスの影響によるもので、必ずしも低容量だから安いというわけではない。

トランセンドの「microSDXC/SDHC Class 10 UHS-I 400x (Premium)」の各容量と実売価格。1GBあたりの単価では64GBがもっともお得なことがわかる
microSDカードには200GBを超えるものもある。ハイレゾ楽曲を持ち歩く高音質DAP利用者にとって必須のアイテムとなっている。ただし、現時点ではやや高額なものが多い

 逆に、200GBまたは256GBモデルなどの大容量microSDは、種類が少ないこともあって高価だ。また、4Kムービー撮影などに向いた、データの書き込み速度が高速なモデルは少ない。現状は、大容量のハイレゾ楽曲ファイルを持ち歩く高音質デジタルオーディオプレーヤーなど、読み込み中心の用途で使われることが多い。

【その2】microSDの速度はクラス表記で確認する

 microSDカードの速度を示すのが、表面に記載された「スピードクラス」「UHSスピードクラス」「ビデオスピードクラス」という3種類のロゴだ。

microSDのロゴをみるだけでもある程度の性能がわかる

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

週間ランキングTOP5

ASCII倶楽部会員によく見られてる記事はコレだ!

ASCII倶楽部の新着記事

会員専用動画の紹介も!