このページの本文へ

「ライブ配信メディア完全解剖 〜過去と今、そして未来へ〜」第49回

動画や生放送で許可なく「カラオケ配信はNG」を知らない人が多すぎる

2017年07月13日 18時00分更新

文● ノダタケオ(Twitter:@noda

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
写真はナベコ

→ 実はスゴイ最新カラオケ機能!自分の曲を全国に配信!

 CDや有料配信サイトで購入した音源をBGM代わりに再生したり、カラオケボックスでカラオケをしながらライブ配信をする人が増えてきています。これらは、レコード会社などをはじめとする「レコード製作者」の許諾が必要となり、許諾がない場合は「権利侵害」となります。でも、実際には「許諾が必要である」ことそのものを知らずに、ライブ配信をしてしまっているケースが多く見受けられます。

 2016年頃からスマホでのライブ配信に特化したサービスが多く登場しました。スマートフォン一台で、気軽にどこからでも手軽にできるようになったライブ配信。認知度も上がり、若い年齢層のユーザーも増えました。だからこそ、いま、この問題が改めて浮き彫りになりつつあります。これまでも注意喚起はされていたものの、後発で登場したライブ配信のサービスたちは「ユーザーへの啓蒙が足らない」のではないかと感じています。

自撮りカラオケ動画が訴訟へ発展したケースも

 カラオケ音源を用いて歌唱している様子を自分で撮影し、その動画をYouTubeへアップロードした行為が訴訟へ発展しました。2016年12月、「レコード製作者(通信カラオケ機器メーカー)の送信可能化権(著作権法第九十六条の二)を侵害している」という判決が下されています(平成28年(ワ)第34083号著作隣接権侵害差止等請求事件)。

この連載の記事

ようこそ、ASCII倶楽部へ

週間ランキングTOP5

ASCII倶楽部会員によく見られてる記事はコレだ!

ASCII倶楽部の新着記事

会員専用動画の紹介も!