このページの本文へ

MCコジマのカルチャー編集後記第200回

編集者の仕事と、ちょっとしたハプニング

2017年05月17日 08時00分更新

文● コジマ/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
著者近影

 ASCII編集部に来てから、何度か連載の担当を任されたことがあります。いろいろな理由で、連載には終わりが来ます。よい終わりのときもありますし、悪い終わりのときもあるでしょう。何かを始めた途端、終わりもまた、始まるのです。

 編集者であればこそ、なるべくよい形で連載を続けていきたいし、有終の美を飾りたいもの。そのために編集者は知恵を絞ります。あるときはネタを出し、あるときは原稿を目を皿のようにしてチェックする。

 たとえていうなれば、編集者は筆者(時には自分が書く側のこともありますが……)のMP(マジックパワー)を管理するような存在です。おいしいものを食べたり、ゆっくり寝ることでHP(ヒットポイント)は回復しますが、MPはそうはいかない。体は休めても、頭と心がなかなか回復しないケースがある。

 だからこそ、編集者は、筆者のやる気を削ぐことなく、アイデアを引き出し、連載をよりよい方向に持っていけるようにするのが、大きな仕事なのだと感じています。

 何の話かといえば、この編集後記も気がつけば200回。平日に更新しているから週一ペースの連載より速いのは当たり前なのですが、なんだかんだで数はしっかり、内容はぼんやりと重ねているような連載です。これもひとえに皆様のご愛顧とご支援によるものと深く感謝しております。

 継続は力なりといいますけれど、連載にあわせて、ほかの仕事もしているわけで。つまり、すっかり編集者として(ムダに)キャリアを重ねているわけですが、そこはASCII編集部。思いもよらない事態に巻き込まれることもある。

この連載の記事

週間ランキングTOP5

ASCII倶楽部会員によく見られてる記事はコレだ!

ASCII倶楽部の新着記事

会員専用動画の紹介も!