このページの本文へ

スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典第39回

21:9の縦長スマホを先んじて出していたAcerの奮闘

2017年04月30日 15時00分更新

文● 山根康宏 編集●ゆうこば

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 台湾のPCメーカーとして有名なエイサー(Acer)。PCでは世界シェア上位の常連組ですが、スマートフォン事業は未だに頭角を現せていません。PCと共に歩んできたエイサーのスマートフォンの歴史を振り返ってみましょう。

ポストPCを目指してスマートフォン市場に参入

 エイサーがスマートフォン市場に参入したのは、2009年と比較的後発の部類に入ります。すでに、ほかの台湾メーカーは2006年ころからWindows Mobile OSのスマートフォンを送り出していましたし、市場ではすでにiPhone 3Gがアプリストアを引っ提げて、新世代スマートフォンの時代を切り開きはじめた時でした。

この連載の記事

ようこそ、ASCII倶楽部へ

週間ランキングTOP5

ASCII倶楽部会員によく見られてる記事はコレだ!

ASCII倶楽部の新着記事

会員専用動画の紹介も!