このページの本文へ

スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典第40回

AcerトリプルSIMトリプルスタンバイスマホ なぜ流行しなかったのか

2017年05月21日 12時00分更新

文● 山根康宏 編集●ゆうこば

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 台湾のPCメーカーとして有名なエイサー(Acer)。PCでは世界シェア上位の常連組ですが、スマートフォン事業は未だに頭角を現せていません。PCと共に歩んできたエイサーのスマートフォンの歴史を振り返ってみましょう。

クラウドスマホやDSDSを超えるTSTS機も投入

 2012年にエイサーは革新的なスマートフォンを投入します。Androidを採用しながらLiquidのブランド名を付与しない「CloudMobile S500」です。

 その名前の通りクラウド連携が最大の特徴の製品で、エイサーが提供するクラウドストレージに端末内のデータを保存可能、PCともシンクロできるという製品です。

この連載の記事

週間ランキングTOP5

ASCII倶楽部会員によく見られてる記事はコレだ!

ASCII倶楽部の新着記事

会員専用動画の紹介も!