このページの本文へ

スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典第25回

iPhone 3Gにより王者転落するノキア「幻のMeeGo」からWindows Phone開発へ

2017年01月08日 12時00分更新

文● 山根康宏 編集●ゆうこば

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 長年に渡り携帯電話・スマートフォン市場で絶対的な存在感を誇っていたノキア。日本でもまだまだファンの数は多いでしょう。

 スマートフォン黎明期から市場をけん引し、Symbian OSを広めていったもののAndoridとiOSに敗れ、Windows OSへと転身。マイクロソフトへの事業売却を経て、いまは再出発を目指しています。

 激動の歴史を辿ったノキアのスマートフォンを振り返ります。

「ノキア」編・目次

・第1回 ノキア激動の歴史が幕開け「世界初のスマホとSymbianの誕生」

・第2回 アップルなんて目じゃない黄金期「ノキアの顔」Nokia 6600の登場

第3回 iPhone 3Gにより王者転落するノキア「幻のMeeGo」からWindows Phone開発へ(本ページ)

・第4回 Lumiaも奮わぬノキア「Nokia 6」で再びスマホ業界の覇権を握るか

出遅れたiPhone対抗モデルの開発

 2008年のノキアの業績は一見すると順調そうでした。携帯電話全体の販売台数は約4億7232台で、前年の約4億3545万台より8%も増加したのです。

 ところが、クリスマスシーズンである第4四半期だけを見てみると、販売数は1億1879台で、前年同期の1億3319万台よりも約10%のマイナスとなりました。同年6月に発表されたアップルの「iPhone 3G」がノキアの業績に大きな影響を与えはじめたのです(数値はガートナー調べ)。

この連載の記事

週間ランキングTOP5

ASCII倶楽部会員によく見られてる記事はコレだ!

ASCII倶楽部の新着記事

会員専用動画の紹介も!