このページの本文へ

スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典第46回

100万円以上の超高級携帯メーカー「VERTU」が経営破綻したワケ

2017年07月14日 17時00分更新

文● 山根康宏 編集●ゆうこば

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 18金やダイヤ、本革など高級素材を使い、職人が1人1人手づくりで仕上げる。そんなラグジュアリーな端末メーカー「VERTU(ヴァーチュ)」。価格は100万円以上、億の値段の付くオーダーメード品も出すなど、ぜいたく品ともいえるメーカー製品でした。

 ノキアの高級端末部門からスピンアウトし、その後いくつかの買収を経ながらスマートフォンにも進出。しかしいま、事業の継続に赤信号が灯っています。

高級素材と一流パーツの組み合わせ、Symbian端末はヒットせず

 VERTUの起源をたどれば、それはノキアの高級携帯電話「Nokia 8800シリーズ」にまでさかのぼります。

この連載の記事

ようこそ、ASCII倶楽部へ

週間ランキングTOP5

ASCII倶楽部会員によく見られてる記事はコレだ!

ASCII倶楽部の新着記事

会員専用動画の紹介も!