このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

アスキースマホ総研・白書第13回

メッセージや地図などの標準から、RAW撮影、シャッター消音まで

iPhone 7に絶対に入れたいiOS 10の新機能が使える7つのアプリ

2016年11月10日 18時00分更新

文● アスキースマホ総研

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 モバイル業界のさまざまな発表会やイベントを取材し、四六時中スマホのことを研究し続けるチームがアスキーにいた! そう、彼らの名前は「アスキースマホ総研」。

 今回は、ついに発売したiPhone 7で使いたいiOSアプリを総研で厳選。iPhone 7に搭載されたiOS 10ならではのアプリから、鉄板アプリの新機能まで、細かくご紹介する。

まずは大幅に進化した標準アプリから使いこなそう

 iOS 10では、アップル純正の標準アプリも大幅にパワーアップしている。そのなかでもとくに注目なのは、メッセージアプリの「iMessage」機能と「マップ」アプリだ。

 それぞれのジャンルにおいて、日本で人気のあるアプリと言えば、メッセージなら「LINE」、マップなら「Googleマップ」だが、iOS 10(マップの場合はiOS 10.1)で、そのふたつにもひけをとらない品質となった。いままで使っていなかったiPhoneユーザーも、この機会にぜひ触ってみて欲しい。

 なお、iOS 10からは純正アプリであっても利用しない場合、ホーム画面からアイコンを取り除けるようになっており、「マップ」アプリはその対象となっているが、「メッセージ」アプリに関してはその限りではない。

感情豊かなメッセージを送れる進化した
アップル謹製「iMessage」

 iPhoneのメッセージアプリはSMS/MMSといったスマホの標準的なメッセージ機能と、アップルの提供するメッセージサービス「iMessage」がひとつになっている。iMessageかSMS/MMSのどちらでメッセージを送っているかは、メッセージのバルーン(吹き出し)の色で判別できる。SMS/MMSなら緑、iMessageなら青となる。

 iMessageであっても主な用途は、「テキストや写真を送り、相手とコミュニケーションする」ことなのは変わりないが、これまでのiMessage、プレーンなSMS/MMSとはその表現方法が大きく異なる。LINEのようなスタンプ(iMessageの場合は「ステッカー」と呼ぶ)や、手書き文字の送信、吹き出しの表示表現など、感情や自分自身の個性を存分に発揮できるようになっている。なお、ステッカーはApp Storeから追加できる。

吹き出しにエフェクトをかけるには、文字入力後に送信ボタンを長押しする選択肢が表示されたら、それぞれにフリックするとエフェクトのプレビューを確認できるこのように一時的に迫ってくるような表現(ラウド)も用意されている
吹き出しへのエフェクトをつける画面の上のタブにある「スクリーン」をタップすると、画面全体へのエフェクトを選択できるようになる左右のフリックでエフェクトは切り替えられ、こちらは「花火」のエフェクトこちらは「風船」のエフェクト。どちらも基本的には吹き出しの裏側で動作する
Apple Watchユーザーであれば、馴染みぶかい「Digital Touch」機能も新しく搭載。自分の書いた絵が、筆跡と効果を組み合わせた簡易ムービーのような形式で送信できる
iPhoneの場合、横画面にすれば手書き文字が送信できる。前述のDigital Touchとの違いは、Digital Touchがムービーのように送られるのに対し、こちらは静止画。なお。「おもでとう」や「ありがとう」といった言葉はプリセットとして用意されている
iMessage上からApp Storeにアクセスすれば、ステッカーのみを表示できる。また、通常のApp Storeで閲覧する場合は、アイコンが俵型になっているか、アプリ詳細画面で「iMessage Appも提供」と書いてあるか確認しよう

 これらの機能はやや大げさかもしれないが、手軽な感情表現機能ももちろん実装されている。ほかにはない特徴しては、相手のメッセージに対して小さなアイコンを付与することができる点。いわゆるSNSの「いいね!」と同感覚で、相手の発言に対して正確に反応できる。

反応を返したい相手の吹き出しを長押しすると「ハート」「いいね」「よくないね」「笑い」「驚き」「疑問」の6種類のアイコンが表示される「いいね」を選んだところ。すると選んだアイコンが、吹き出しに重なる形で表示される

日本でも経路検索やApple Pay連携ができるようになった純正「マップ」

 アップルの純正マップと言えば、掲載情報に不具合があったり、そもそも情報が少なかったり、公共交通機関の経路検索ができなかったり、グーグルやヤフーなどのサードパーティー製の地図アプリと比べると、ネガティブな印象があった。

 しかし、コンテンツについては日々、情報が追加され、そしてiOS 10.1ではついに経路検索機能も実装された。サードパーティー製と比べて、純正アプリを使う利点は、やはりiOS標準機能として使えるところが大きい。メッセージやメールなどで住所が送られてくれば、即座に開け、Siriに「○○駅から○○駅まで」などを聞くとマップアプリが起動する。

 また、Suica登録済みのiPhone 7/7 Plusでは、Suica残高が検索した経路の交通費より少ない場合、通知してくれる機能など、Android/フィーチャーフォンに提供されている「モバイルSuica」にもない便利な機能を搭載している。

交通機関表示にも対応。JR線、私鉄、各地下鉄が色分けされて地図上に表示されるようになっている
車(左)と交通機関(右)それぞれの経路検索結果では、経路候補に使われている地図情報が異なるなど、細かな配慮もされている
細かいと言えば、地下鉄であれば各路線の記号やJRの「駅ナンバリング」などが表示されている
車でのナビゲーション時、周辺情報を調べられるようになった。たとえば、朝食アイコンをタップすると、付近の営業中のカフェなどを表示する

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

ようこそ、ASCII倶楽部へ

週間ランキングTOP5

ASCII倶楽部会員によく見られてる記事はコレだ!

ASCII倶楽部の新着記事

会員専用動画の紹介も!