このページの本文へ

ジサトラ、四国の名所を満喫の旅 ― 第4回

場外乱闘番外編

1368段もある金比羅山を制覇!? ジサトラ出張in四国【こんぴらさんの攻防】

2016年09月30日 21時00分更新

文● アスキー編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アスキーの自作PC大好き集団“自作虎の巻”こと、ジサトラの全国自作PC普及計画「ジサトラニコ生出張」。イベントは4月23日に香川県高松市のパソコン/パーツショップ「パソコン工房高松店」からお届けしました。

 飛行機の都合で前日入りとなったアスキーのニコ生チームですが、実は、イベントの裏で、旅の模様をずっと撮影していたのです。

 今回は、最終話となる第4話をお届けします。

 「こん……」

 香川の美味しいうどんをお腹いっぱい食べて、そろそろ帰ろうとした2人に再び“指令”が。

 どうやら指令は「金比羅山(こんぴらさん)」だったようで、ここから車で1時間かけて行くことに。

 運営はちゃっかりレンタカーを用意していましたが、運転できるのは普段から乗り慣れているつばさしかいないという事実。

 道中、グチがとまらない2人。

 そして金刀比羅宮へ向かう参道口に到着。

 なにも知らなかった2人は着いて早々、長い階段にビビりまくり。果たして無事に山頂まで辿り着くことができるのでしょうか。

 ちなみに階段は全1368段あるとのこと。

 300段も行かないところで、2人はあることを閃きました。

 つばさ「いや~上まで行ったら疲れましたね~」

 ジサトライッペイ「!?」

 ジサトライッペイ「もぉ~足ガクガクだよ~。1300段のあそこ凄かったよね~」

 つばさ「ホント凄かった。めっちゃ綺麗だった」

 ディレクター「行こうか」

 虎の前で尋常じゃない量の汗をかくジサトライッペイ。

 ジサトライッペイ「彼女ができますように」

 私利私欲でお祈りをするジサトライッペイに活を入れるつばさ。

 そしてついに山頂に到着! 最後の階段は相当つらかったそうです。

 山頂から見える景色は最高ですね。疲れも吹っ飛びます。

 そして忘れずにジサトラ成功をお祈り。

 これからもジサトラを頑張っていくべく、2人で気合の「えい、えい、おー」

 下山途中にトラブル発生!

 つい先ほど2人でこれからも頑張っていこうと気合を入れたのに、早くも仲間割れ!?

 さらに、ここで衝撃の事実が判明!

 なんと、運営も含めたスタッフ全員が頂上まで行ったと思っていたら、実はまだ半分だったらしい……。

 実際は785段しか登っていなかったのです。

 残念ながら1386段を登りきることはできませんでしたが、ここで“温泉”の指令が!

 温泉に入って生き返った2人はこれから東京に戻ります。

 空港へ向かう車中、2人で反省会を実施。

 初日にジサトライッペイが28分遅刻したことや、この日の朝つばさが20分遅刻したことを反省し合いました。

 ところが、お互いのミスを攻め合うように議論がヒートアップ。ついには言い争いにまで発展しました。

 というわけで2人は無事に東京・羽田に到着。

 2泊3日の高松はとても充実したようで、食べ物も自然も温泉もすべて良かったと2人は大満足。今回のジサトラ出張版in高松は大成功で幕を閉じました。

 動画の詳しい内容は、ぜひアーカイブでご覧ください!

※会員登録いただきログインすると、この下に会員限定のプレーヤーが表示されます。

この連載の記事

週間ランキングTOP5

ASCII倶楽部会員によく見られてる記事はコレだ!

ASCII倶楽部の新着記事

会員専用動画の紹介も!