このページの本文へ

篠原修司のアップルうわさ情報局第20回

未発表モデルが登録:

アップル新型iPadとMacBookを近く発表か

2018年07月09日 15時40分更新

文● 篠原修司

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
EECの登録情報のキャプチャ。Consomacより

 アップルが未発表のiPadやMacBookを、ロシアやベラルーシなどが加盟するユーラシア経済委員会(EEC=Eurasian Economic Commission)に登録した。フランスのメディアConsomacが現地時間7月5日に伝えた。

 EECのデータベースを見ると、iOS 11をインストールしたモデル名A1876、A2013、A1934、A1979、A2014のタブレット5機種と、macOS 10.13をインストールしたモデル名A1931、A1932、A1988、A1989、A1990のノートパソコン5機種を確認できる。

 タブレットは新型のiPad Pro、ノートパソコンはA1931、A1932が新型「MacBook」、A1988、A1989、A1990が新型「MacBook Pro 13/15インチ」とみられている。

 EECには企業が暗号化機能をもつ製品をロシアで発売する際に登録する必要があり、実際にアップルが今年4月4日に発売した第6世代iPadは、A1893とA1954という2つのモデル名で2月19日に登録されたことが確認されている。


筆者紹介:篠原修司

1983年生まれ。福岡県在住のフリーライター。IT、スマホ、ゲーム、ネットの話題やデマの検証を専門に記事を書いています。
Twitter:@digimaga
ブログ:デジタルマガジン

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中