このページの本文へ

篠原修司のアップルうわさ情報局第19回

中国のファンサイトがリーク:

アップル新iPhone フラッシュ位置が移動?

2018年07月05日 15時00分更新

文● 篠原修司

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
iPhone 8と8 Plusのフラッシュはレンズの横にある

 アップルが今年発売する新型iPhoneは、背面のフラッシュ(クアッドLED True Toneフラッシュ)の位置が変更されている可能性がある。中国のアップルファンサイト「MacX.cn」がリークした。

 MacX.cnはサードパーティ製の「iPhone 9」用ケースとみられる写真を掲載し、フラッシュの位置がこれまでのカメラレンズの横から下に移動していることを伝えている。

 フラッシュの位置が移動した場合、シリコンやポリカーボネート製ケースはもちろん、フリーサイズの手帳型でもケースを流用できない可能性がある。

 ただし、MacX.cnが公開したケースがiPhone 9用なのかはまだわかっていない。MacX.cnは「背面に指紋認証用の穴がない」ことを理由に、iPhone用のケースの可能性が高いとみているという。


筆者紹介:篠原修司

1983年生まれ。福岡県在住のフリーライター。IT、スマホ、ゲーム、ネットの話題やデマの検証を専門に記事を書いています。
Twitter:@digimaga
ブログ:デジタルマガジン

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中