このページの本文へ

篠原修司のアップルうわさ情報局第27回

iOS12インストール済:

アップル 2018年の新iPhoneをEECに登録

2018年07月14日 18時00分更新

文● 篠原修司

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アップルが2018年に発売するとみられる新型iPhoneや新型iPadを、ロシアやベラルーシなどが加盟するユーラシア経済委員会(EEC=Eurasian Economic Commission)に登録した。フランスのメディアConsomacが現地時間7月13日に伝えた。

 EECのデータベースを見ると、iOS 12をインストールしたモデル名A1920、A1921、A1984、A2097、A2098、A2099、A2101、A2103、A2104、A2105、A2106のiPhone11機種が登録されたことを確認できる。

 登録されたiPhoneは「A1920、A1921」、「A1984」、「A2097、A2098、A2099」、「A2101、A2103、A2104、A2105、A2106」の4つの分類にわけることができ、おそらく最後のものは5色カラーラインアップの6.1インチモデルとみられる。

 なお、アップルは以前にも新型iPadとみられるモデル名を登録しているが、こちらはさらにモデル名A1895とA1980の2機種が追加されているという。

参考:ASCII.jp:アップル新型iPadとMacBookを近く発表か


筆者紹介:篠原修司

1983年生まれ。福岡県在住のフリーライター。IT、スマホ、ゲーム、ネットの話題やデマの検証を専門に記事を書いています。
Twitter:@digimaga
ブログ:デジタルマガジン

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中