このページの本文へ

篠原修司のアップルうわさ情報局第26回

内部にシリコン膜:

アップル新MacBook Pro キーボード問題を解決か?

2018年07月14日 16時00分更新

文● 篠原修司

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アップルが7月12日に発表した2018年モデルのMacBook Proは、「ほこりやゴミで故障しやすい」というバタフライキーボードの問題を解決しているかもしれない。

 米修理業者iFixitが7月13日に発表したMacBook Proの分解結果によると、キーボードのバタフライ構造をカバーするために薄いシリコン膜が追加されているという。

 これによりキーボード内部にほこりやゴミなどが侵入するのを防ぎ、さらに従来よりも静音性をもたせることに成功したとみられる。

 iFixitは動画も公開しており、こちらではシリコン膜が実際にほこりやゴミから内部を守れている様子を確認できる。


筆者紹介:篠原修司

1983年生まれ。福岡県在住のフリーライター。IT、スマホ、ゲーム、ネットの話題やデマの検証を専門に記事を書いています。
Twitter:@digimaga
ブログ:デジタルマガジン

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中