このページの本文へ

篠原修司のアップルうわさ情報局第28回

有機ELと液晶の両方を生産:

アップル新iPhone LGとパネルの供給で提携

2018年07月14日 20時00分更新

文● 篠原修司

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アップルが今年発売する新型iPhoneの有機ELディスプレーと液晶ディスプレーの供給について、LGディスプレイと提携したと韓国メディアNewspimが7月11日に報じた。

 Newspimはディスプレイ業界からの話として、今月10日にアップルとLGディスプレイが供給契約を締結。供給の割合は有機ELディスプレーが3に対し液晶ディスプレーが7で、下半期からこれを開始すると伝えている。

 韓国現代証券のアナリストはLGディスプレイは今年の有機ELディスプレーの生産は400万台にとどまるものの、来年は6.5インチ有機ELディスプレーのほとんどを生産すると予測している。

 LGディスプレーは今年、有機ELディスプレーを300~400万台、液晶ディスプレーを2千万台供給し、来年は有機ELディスプレーを1千万台にまで拡大する見通しだという。


筆者紹介:篠原修司

1983年生まれ。福岡県在住のフリーライター。IT、スマホ、ゲーム、ネットの話題やデマの検証を専門に記事を書いています。
Twitter:@digimaga
ブログ:デジタルマガジン

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中