このページの本文へ

アスキー・ジャンク部リターンズ第222回

今年で発売35周年:

エースコックわかめ3.5倍ラーメン 実質わかめじゃん

2018年06月15日 17時20分更新

文● モーダル小嶋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「EDGE×わかめラーメン ごま・しょうゆ 35周年なのでわかめ3.5倍」
エースコック
6月11日発売
購入価格216円
http://www.acecook.co.jp/news/pdf/1805_OLW.pdf

3.5倍だぞ3.5倍

 3.5倍は相当な数字である。たとえば営業の売上が昨年と比べて3.5倍になりましたと言われたらかなりのやり手だと思うし、年収が3.5倍になればむしろ税金を心配するレベルの増額である。あなたが持っている500mlのペットボトルだって、1750mlになったら一気に飲みきれるだろうか? 「ドラゴンボール」でも、孫悟空がベジータ戦で3倍界王拳から4倍界王拳かめはめ波を披露した際はその反動でまともに動けなくなっていた。3.5倍というのはそのレベルの量だ。

 今回紹介する3.5倍は(世間にそれだけ3.5倍があるかは謎だが)、エースコック「EDGE×わかめラーメン ごま・しょうゆ 35周年なのでわかめ3.5倍」。「ごま・みそ」も同時発売中。35周年を迎える定番商品「わかめラーメン」と、驚き&やりすぎがテーマというカップ麺シリーズ「EDGE」がコラボ。35周年にちなみ、わかめを通常の3.5倍入れている。さらっと書いたが、3.5倍はすごい。

「ごま・しょうゆ」「ごま・みそ」の2種類。今回はしょうゆを食べる
35周年なのでわかめ3.5倍。「わかめ足りてました?」とのことだが、わかめが足りなくて悩んでいた人がそんなにいたのだろうか

 1983年にデビューしたわかめラーメンは、移り変わりの激しいカップ麺業界においては大ベテランと呼んでもよい。石立鉄男さんが出演したCMの「わーかめ好き好きぴちぴち~」という歌、「お前はどこのわかめじゃ?」というキャッチフレーズで存在を知った人も多いだろう(現在は柳沢慎吾さんを起用している)。

とにかく3.5倍が強調されている
スパイス、液体スープ、そしてかやく。スパイスと液体スープは後入れ
大量のわかめ、ときどきコーンといった風情

 ぶっちゃけてしまえば、わかめが多いだけのわかめラーメン、ということになる。しかし1.5倍や2倍などといったレベルではなく、3.5倍である。通常のわかめラーメンでさえ、わかめの量をウリにしているのに、それが350%になっているから並大抵ではない。わかめ350%。なんだかラブコメ漫画っぽくもあり、芸人の名前っぽくもある。

お湯を入れる前からこのレベル

「わかめの量がすごい」という出オチ感
とはいえ、わかめ以外は変わらない定番の味

お湯を入れた。分け入っても分け入っても青いわかめ

 さっそくお湯を入れて3分待ち、フタを開けたときのビジュアルは……もう、インパクト絶大と。大方の予想を裏切らず、わかめ、わかめ、わかめである。パッと見、容器の中にわかめしか入っていないようにさえ思えてしまい、不安になるほどだ。とはいえ、液体を入れて、スパイスを入れてかき混ぜれば、どうにか……。

液体スープを入れて……
スパイスも入れて……
かき混ぜ……てもわかめだな

 いや、その、後入れの調味料を入れてもわかめですね。どこまでもわかめだ。「3.5倍はダテじゃない!」とνガンダムに搭乗したアムロ・レイばりに叫びたくなる。アクシズが落ちてきても、わかめの層が衝撃を受け止めて麺とスープ部分にダメージがなさそうな気がする。それぐらいの量が入っているのだ。麺を箸で掴むときも、わかめの層から麺を掘り出していくような気分になる。

もはやわかめから麺を掘り出す感じ
麺を持ち上げてもガンガンわかめがのってくる

 肝心の味だけれど、さすがに、通常のわかめラーメンと大きく変わるわけではない。醤油のキレと、スパイスによるくっきりした味が特徴のスープ。いかにもエースコックらしいテイストで、安心できる仕上がり。新基軸がないともいえるが、そもそもわかめが3.5倍も入っているのに、これ以上新基軸も何もないだろうと指摘されるとぐうの音も出ない。

 わかめの満足感については言うことなし。麺をすすっても、スープを飲んでも、口の中にわかめが飛び込んでくる。「わかめ、わかめ、麺、わかめ、スープ、わかめ、麺、わかめ」という感じで、現役時代の権藤博さんばりの活躍ぶりといえる。

 とにかく、わかめがたくさん入っている点においては、他の追随を許さない。当たり前だ。他に追随してくるライバルがいるかどうかはわからないし。わかめが入っていれば入っているだけうれしいという人にはこれ以上ないカップ麺だろう。わかめが苦手な人にとってはキツイけれど、そもそもそういう人は買うこともないだろうから、余計な心配かもしれない。味自体は伝統のわかめラーメンそのものなので、「ハズレだなー」と思うこともあまりないはず。

「お前はどこもわかめじゃ……」

 エースコックのEDGEシリーズは、これまで「辛いスパイス入れすぎ」「マヨネーズ入れすぎ」などとわかりやすくジャンクな路線をひた走ってきたが、調味料や香辛料ではなく「わかめ入れすぎ」によって、ここまでインパクトが絶大なものが生まれるとは思わなかった。ちょっと盲点だ。それでいて万人に受け入れられる出来になっており、軽い気持ちで買っても食べやすいかと思う。日常に遊び心がほしい人にはオススメ。たぶん。




■「アスキーグルメ」やってます

 アスキーでは楽しいグルメ情報を配信しています。新発売のグルメネタ、オトクなキャンペーン、食いしんぼ記者の食レポなどなど。コチラのページにグルメ記事がまとまっています。ぜひ見てくださいね!

カテゴリートップへ

この連載の記事
ピックアップ
もぐもぐ動画配信中!