このページの本文へ

アスキー・ジャンク部リターンズ第223回

「内容量は439gで、2142kcal」勝てる要素がねえ……:

「ペヤング超超超大盛GIGAMAX」こんなの反則でしょうが!

2018年06月18日 16時00分更新

文● モーダル小嶋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「ペヤング ソースやきそば 超超超大盛 GIGAMAX」
まるか食品
6月18日発売(関東地方。関東以外では7月9日)
実売価格400円前後
http://www.peyoung.co.jp/products/1001/

カロリーの数字だけでおもしろいのは卑怯である

 店頭で見つけて購入し、編集部に向かうまでの間、「ああ、YouTuberのみなさんはこれで『食べてみた』動画など作るのだろうか」などと、余計なことを考えていた。逆に言えば、ネットで話題になりたければ、確かにこれを見逃す手もないだろうとも思う。それほど、名実ともに、めちゃくちゃなカップ焼きそばである。

 まるか食品「ペヤング ソースやきそば 超超超大盛 GIGAMAX」。関東地方で6月18日から、関東以外では7月9日から発売される。「ペヤングソースやきそば」の約4倍のサイズという、かつてない容量と大きさを実現させたとうたう。内容量は439g(!)で、2142kcal(!)。調理に使うお湯の量も1300ml(!)。

 この商品が発売されるニュース記事をASCII.jpに掲載したところ、たいへん反響があり、SNSでも話題になり、編集部でも「ぜったいに発売日に食レポ記事をアップしてよ」と言われたりなどした。しかし、第一報を書いた自分としては、もしかしたら、それって大変なことなんじゃ……と不安に思うフシもあった。

 だってこれ、どう考えても「出オチ」じゃないか?

 「超超超大盛 GIGAMAX」という名前で、2142kcalとパッケージに書いてあるのだから、おもしろいに決まっている。以上。という、出オチだけの記事になりそうな気がしたのだ。食べ方でふざけてみたところで限度がある、というか、そもそもふざけているといったら、こんなふざけた商品もないわけで……。

 そうはいっても、記事にしないわけにもいかない。発売日の朝に買ってきてしまった。

これほどまでに知性を感じさせないデザインもめずらしい
栄養成分表だけでどうかしている。カロリーに目が行きがちだが「食塩相当量 13.5g」も相当おかしい
さらっと必要なお湯の目安量もおかしい

 ぶっちゃけた話、もうこの画像だけでいいんじゃないかという気がする。デカいもん。これだけでおもしろいのはずるいよ。「2142kcal」。これを見せるだけで笑うでしょう。「必要なお湯の目安量 1300ml」も卑怯だ。ASCII.jpでは、プロジェクトファイルを実行する形式のベンチマークの結果を掲載したりするが、カロリー数でベンチマークを取ったらもう圧勝の類である。比較する必要すら感じない。他の追随を許さないとはこういうことをいう。

通常のペヤングと並べてみる。まるで大人と子供
厚みが違いすぎる
乗せてみると砲塔をなくしたタイガー戦車みたいになった

 なんだか、これだけでおもしろすぎるので、記事を書く側としては微妙につらいものがある。まあ、さっそく調理していくとしよう。

調理するだけでちょっと疲れる

ここの見た目はいつものペヤングと同じだと思う
左からスパイス&ふりかけ、ソース、かやく。右にあるのはサイズ比較用のiPhone 7。明らかにソースとかやくがデカい
よく見ると、通常の2倍のボリュームである「ペヤング 超大盛」の麺が2つ入っているようだ。わかりやすいといえばわかりやすい
かやくを入れるだけでビジュアルがしんどい
調理に使うお湯は、足りるかどうか前もって確認しておこう

 お湯を注ぐだけでも大変だ。くどいようだが調理には1300mlのお湯が必要で、ポットを使ったら入れ終わるまで52秒ほどかかった。あまりにも長すぎたので動画にしてみた。いつものアスキーの動画だったら編集でカットするほどの間延びだが、ノーカットでお楽しみください。


 入れ始めたときは「多い!」とツッコんで笑っていたが、終わる頃にはだんだん真顔になってきた。入れても入れても容器の「この線まで入れてね」の量にならないのだ。しかも、1.3リットルの熱湯は重い。少しずつ手に重みと熱さを感じ出すと恐怖さえ覚える。ようやく注ぎきっても、これを持って湯切りもしなければいけないのかと思い、ちょっと憂鬱になった。大量の熱湯を扱うことになるので、みなさんも調理の際はお気をつけて。

お湯を入れると1.5kgを超える重さになる上に、熱い。危険
湯切り部分は通常の製品と同じ構造
お湯も笑っちゃうほど出る

 湯切りがこれまた長い。長い。ほんとうにどこまでも終わらない。数日前に見たサッカーの試合で、アイスランド代表がアルゼンチンに対して決死のディフェンスを展開していたことを思い出す。神奈g……東京都町田市(およそ43万人)よりも人口が少ない(およそ33万人)国でありながら、EURO2016でベスト8に登りつめたアイスランド。代表選手には副業をしている人もいるそうで、リオネル・メッシ選手のPKを止めたハンネス・ハルドールソン選手の本業は映像ディレクターだったりする。そんな彼らが世界屈指の強豪国相手に、必死の守備を見せていた。最後まで集中力を切らさなかった。後半のアディショナルタイムが5分と出たときに、世界中のサッカーファンが「長い!」と思ったかもしれない。それでも頑なに最終ラインを保持し、アルゼンチンの怒涛の猛攻をしのぎ(メッシは周りの選手を使ったり自分で仕掛けたりする“起点”になる選手であるがゆえに、彼が手詰まりになるとチームも攻めあぐねる欠点が露呈したように感じた。クリスティアーノ・ロナウド選手をシステマティックにチームに組み込んでいるポルトガルとの差が出たとも思う)、最後の最後でメッシのフリーキックをも弾き返し、引き分けで勝ち点1を手にした。アイスランドのサッカー史上、大きな一歩だったはずだ。まったくアイスランドに関係のない自分も胸を熱くし……あ、終わった。

この部分が決壊したらどうしようと思った

 ちょっとだけ不安だったのは、容器(というか内ブタ)の湯切り部分がいつもと変わらないところだ。さすがに社内で検証の一つもしているだろうけれど、ここが水分を吸った麺と熱湯の重さに耐えきれず、決壊したらどうしようかと気になった。ただ作るだけでもやたらと緊張し、気をもむカップ焼きそばである。正直、ちょっと疲れた。

湯切り後。まあ、いつものペヤング。量が多いけれど

 ここにソースをかけ……これも量があるんだよな。さらにスパイスとかやくを入れて、ペヤング ソースやきそば 超超超大盛 GIGAMAXの完☆成! フゥ~!! などとテンションをあげても、いつものペヤングである。麺と、かやくと、ソースの量がすさまじいだけに、「いつもの」などと言ってよいのかどうかわからないけれど。

ソースをかける
ふりかけとスパイスを入れる
まあ、こうなりますよね

味はいつもと同じだがさすがに食べ飽きる

いつものペヤング

 はい、できあがりました。しかし、なんだろうな、これ。ペヤングだけれど、さすがにもうこの量だと、なんだか焼きそばというより、現代美術的な感じもする。色合いを変えればジャクソン・ポロックの絵画にさえ見えるのではないか。純粋に量が多くなっただけで、ここまでインパクトが生まれるとは。

もうやけくそに掴むとこんな感じになる

 問題は、味が完全にペヤングソースやきそばなので、「食べてみた!」という内容の記事にしようとすると、完全に破綻することだ。「ペヤングが4倍です」、以上、で終わってしまう。なんとか、どうにか、感想をひねり出そうとするが、食べても食べてもペヤング。ペヤングだな。ペヤングです。

明らかに人間と割り箸のサイズに対して、容器の大きさと麺の量がおかしい

 これは1人で食べるものなのだろうか。中華料理店の大皿に乗ってくる焼きそばのように、宅飲みのパーティーなんかでみんなでワハハワハハ言いながら食べるものじゃないだろうか。少なくとも1人で黙々と食べることには向いていないような気もするが。一応、食べきったがさすがに苦しくなった。この量ではさすがに途中で食べ飽きるので、マヨネーズなり、薬味なり、何か味を変える手段を用意したほうがいいかもしれない。率直に言うと、終盤は「おなかいっぱい」よりも「もう飽きたな……」という思いのほうが強かった。

1人で食べきりました

 編集業をやっていると、ネタと切り口、なんてことがよく言われる。たとえばネタが「iPhoneアプリ」で、切り口が「初めてiPhoneを買った人がぜったいに入れたいアプリ20選!」みたいな具合だ。でも、超超超大盛 GIGAMAXに関しては、ぶっちゃけネタ部分が強すぎる。出オチである。編集者が切り口を考える余裕をなくさせる。何しろ「内容量は439gで、2142kcal」なのだから。その事実で直接殴りにかかるような雰囲気だ。

 というわけで、結論からいうと反則である。こんなもの、勝てるわけがない。「名前は超超超大盛 GIGAMAXでぇーす! 2142kcalでぇーす! お湯は1.3リットル用意してネ!」と言われたらどうしようもない。写真を撮ろうが、文章を書こうが、動画に編集しようが……いくら説明したとしても、実物が一番おもしろいのだから。出てきただけで笑ってしまう。まさにバカ負け。完敗です。現場からは以上です。


■関連サイト



■「アスキーグルメ」やってます

 アスキーでは楽しいグルメ情報を配信しています。新発売のグルメネタ、オトクなキャンペーン、食いしんぼ記者の食レポなどなど。コチラのページにグルメ記事がまとまっています。ぜひ見てくださいね!

カテゴリートップへ

この連載の記事
ピックアップ
もぐもぐ動画配信中!