このページの本文へ

COMPUTEX TAIPEI 2018レポート第9回

選ばれしCore i7-8700Kの優良石か!?

Intel 8086から40周年!5GHz駆動の「Core i7-8086K Limited Edition」が出たーーー!

2018年06月05日 16時00分更新

文● ジサトライッペイ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Intelは現在、台湾台北市で開催しているPCパーツの祭典「COUMPUTEX TAIPEI 2018」の基調講演にて、1978年に発表した「Intel 8086」(i8086)から40周年を記念する新CPU「Core i7-8086K Limited Edition」を発表。6月8日太平洋夏時間0時1分(日本時間6月8日16時1分)に発売する。

 Core i7-8086K Limited EditionはデスクトップPC向けの第8世代Coreプロセッサー(開発コードネーム:Coffee Lake-S)で、6コア/12スレッド動作。特筆すべきは動作クロックで、定格が4GHz、Turbo Boost 2.0(以下、TB2.0)時は5GHzというハイクロックで動作する。

 現在発売中のCoffee Lake-Sの最上位「Core i7-8700K」(6コア/12スレッド、定格3.7GHz、TB2.0時4.7GHz)と比べると、0.3GHzもクロックが向上していることから、かなり低電圧でハイクロックが安定する素性の良いコアを使っている可能性が高い。なお、L3キャッシュは12MB、TDPは95W、サポートメモリーはDDR4-2666のデュアルチャンネル、内蔵グラフィックスはIntel UHD グラフィックス 630、Intel 300シリーズチップセット搭載マザーボードで運用できる点は共通している。

 もちろん、「K」付き型番なので倍率変更によるオーバークロック(OC)にも対応する。Core i7-8700Kは常用OCなら全コア5GHzぐらいの石が多いが、Core i7-8086K Limited Editionならぐっと常用限界が上がるかもしれない。Intelファンもオーバークロッカーも大注目のCPUになるだろう。

Intel CPUの歴史。
Intel 8086とCore i7-8086K Limited Edition。

 なお、Intel 8086については、ぜひ大原雄介さんの連載「ロードマップでわかる!当世プロセッサー事情 第59回」を参照してほしい。「Intel 4004」から詳しく解説している。

<2018年6月5日16時43分訂正>
 記事初出時に「8086個限定で発売する。」と表記しましたが、正しくは8086個のCore i7-8086K Limited Editionが当たるキャンペーン(8086sweepstakes)を行なうというものでした。関係者、読者の皆様にご迷惑をおかけしましたことをお詫びするとともに訂正いたします。なお、このキャンペーンは2018年6月7日午後5時(PST)から24時間限定でエントリーできます。米国、カナダ(ケベックを除く)、英国、フランス、ドイツ、韓国、台湾、日本、または中国(香港を除く)のいずれかの居住者であれば応募できるようです。

■関連記事
Core i7-8086K Limited Edition製品ページ
Core i7-8086K Limited Editionキャンペーンサイト

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中